【狙い目】秋の岩礁帯サーフへショアレッド釣行
スポンサーリンク

どうも、YUKIです

息子と岩礁帯サーフへ
息子はシーバス狙い!

私は秋にショアレッド=真鯛を狙いたいと思っていました!

そんな、親子の釣行記です!
スピニングリールもベアリング追加で性能アップ!

秋の岩礁帯サーフはショアレッドを狙ってみよう!

新潟県中越地区の海で秋のアオリイカの季節が終わるころ、定期的に真鯛、ショアレッドの釣果を聞いていた
それもシーバスミノーでの釣果。

 

その真鯛を捌いた話によるとイイダコが入っていたと聞いたことがある。岩礁帯の砂交じりのところに沖から真鯛がイイダコを食べに浅場に回遊してくると思われる。

 

私のホームグランドの浅場の岩礁帯サーフで過去に秋のサーフのシーバス狙いでドラグを鳴らして取れなかった魚が過去に居ます。

おそらく真鯛、ショアレッドだと考えます。

どんな日に真鯛の回遊があったのか過去のデーターを思い出すと9月の15夜の週の大潮~中潮だとわかりました。

スポンサーリンク

ショアレッドに挑むタックルとは

以前、真鯛、ショアレッドと思われるトルクのある走り負けた過去があり、岩礁帯のサーフは、
ある程度、パワーのあるシーバスロッドが有効であると考え、私の岩礁帯サーフにおけるシーバスロッドは、変更して行きました。

タックル紹介

■ロッド

シーバスロッド
リップルフィッシャーフロウス810

■リール

シマノ ステラ4000XG

■ライン

PE1.2号

■ショックリーダー

フロロカーボン30lb

■ルアー
10㎝~12㎝のフローティングミノー

最近のお気に入りは
シマノシャロ―アサシン99F

 

スポンサーリンク

ショアレッド実釣開始

 

岩礁帯サーフに到着して確認する事、潮流の効いている場所を釣り開始してからチェックする!
まずは、離岸が効いているポイントにルアーを通して潮流の強さを把握する。

 

太い流れをみつけたので、釣り座を構えルアーをキャストしてショアレッド、真鯛の回遊がおそらくあるだろう予想した流れを重点的に角度を変えながらキャストを続けた。

 

そして、この流れは力強いと感じた瞬間、ズシンとした衝撃が伝わった、短く強い合わせを入れた、
魚がヒット、トルクのある強い曳き、ドラグも出ている・・・

 

この時点でランカーシーバスかな?

 

対応しながらのやり取りをして、ドラグが何度か出されながら慎重にやり取りしてくると波打ち際まで、寄ってきました。

波の力を利用してずり上げました!

 

シーバスしゃないと確信しながら、上がった赤い魚体は・・・・・

 

 

ショアレッド、真鯛です。ようやく、確信できた大きな真鯛です!

 

 

シマノ シャロ―アサシン99Fをガップリくわえています。

 

 

綺麗な真鯛、74㎝4キロありました!

 

スポンサーリンク

ショアレッド釣行振り返り

ショアレッドの釣れる条件

・大潮~中潮

・9月15日の月夜からの潮汐

・イイダコ

・岩礁帯サーフ

・離岸流、太い潮流

今回の釣行は大潮~中潮、シーバスの活性もあがるだろうと予想しての釣行です。

 

真鯛ゲット後はシーバスの活性が良く、楽しませてくれます!]

 

 

息子も納竿前のラストで人生サーフシーバスゲットしました!

 

 

やっと、シーバスが釣れたと嬉しそうな息子

 

60㎝に届かず、残念

 

秋のアオリイカシーズン終盤に岩礁帯サーフや小磯周辺でショアレッド、真鯛の釣果があり、改めて狙ってみました!
まさか、74㎝、4キロの真鯛が釣れるとは思いませんでした。

 

皆さんも気になるポイントでショアレッド、真鯛を狙ってみませんか!

 

スポンサーリンク
関連キーワード
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事