【初秋】2馬力ゴムボートエギング釣行

どうも、YUKIです。

 

 

最近は、クロダイトップウォーターゲームを2回程、釣行を重ねました。

 

 

 

しかし、クロダイは目撃しますがノーヒット。

 

 

 

さて、今回は2021.8.7

 

 

 

今年度、2馬力ゴムボートエギング釣行をお伝えします。

 

 

【初秋】2馬力ゴムボートエギング釣行

 

今回は仲間の夜勤退勤を待って現地集合してからのゆっくり便、今年1回目の2馬力ゴムボートエギングです。

 

 

仲間の釣り仲間からボーズくらった、船中4人で5杯のみ渋い、釣果と聞いていました。

 

 

さて、あらかじめ、車からタックルをおろして準備をしてる所、仲間が到着。

 

 

プラグ交換ずっとしていないから、大丈夫かなと思いながら、共同で準備して出船準備。

 

 

不安を感じながら船外機を回します、3回目で船外機が掛かりました。

 

 

暖気運転をしてから、沖に向かいました。

 

 

大潮、東の風、波0.3

 

 

いざ、海に出てみると風が強いし、北寄りの風、

 

 

今回は、陸から釣れている情報があったので浅場の岩礁帯て海藻地帯すら探ってみましたよ。

 

 

アオリイカの姿がなかなか、見当たりません

 

 

今年は渋いと聞いていたけど、沈黙の1時間

 

 

うん、やっと仲間が1杯

 

 

私はなーんも釣れない

 

 

浅場の海藻帯、駄目だこりゃ、風も強いが潮がさすが、大潮

 

 

流れがぶっ飛んでます

 

 

バケツアンカー真横に流れている。

 

 

仲間が追加、錘をしてなんとか、2.5寸エギで1杯ゲット

 

 

今回はぼーず覚悟なので画像もとらずにボートエギング継続

 

 

風も落ち着いてきたので外海に移動します。

 

タックル紹介

ロッド バレーヒル ティップランエギングロッド6.4f

リール シマノ3000番

ライン PE0.6号

ショックリーダー1.5号

エギ ヤマシタ2.5号各種カラー

 

 

沈黙を打開したアオリイカポイント

 

やはり、アオリイカもベイトを意識していると思うので魚探を駆使してベイトのいる場所と起伏にとんだ岩礁帯、かけ上がりを重点に探りました。

 

 

魚探がピッピッピッとなったとたん、待望の今年、初アオリイカゲットです。

 

 

画像を取るのを忘れてしまいました汗。

 

 

キジハタが釣れるところはアオリイカも当然います。

 

 

ベイトと岩礁帯なんでしょう。

 

 

エギング動画はこちら

渋い状況を打破したポイント

①とにかく岩礁帯でベイトのいるところを探す

②岩礁帯で高低差のある駆け上がりを流す

③潮流が速い時はアンカーバケツの追加

④潮の緩むところを探る

2馬力ゴムボートエギング釣行まとめ

 

綺麗な画像がなくてごめんなさい

 

今回のアオリイカの釣果は仲間が12杯、私が8杯 エギでキジハタ1匹

 

今年のアオリイカは少しばかり他方にお注分けしました!

 

私は2.5号のエギで最後まで通したボートエギングでした。

おさらい

やはり、一番のボートエギングの基本

確実な着底、底へエギが着いてからのシャクリとフォールに心掛ける事!

今月9月はもう一度、仲間と予定が合いそうなのでチャレンジしたいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事