2018夏本番シーバス・クロダイ釣行
スポンサーリンク

新潟県中越地区のソルトルアーフィッシング

新潟中越地区の海釣り

こんにちは、YUKIです。

 

今回は深夜帯~朝まずめのシーバス・クロダイ釣行

7.25中潮、2:30息子と柏崎岩礁帯サーフに車を走らせました。

 

今回のプランは暗いうちに回遊しているだろうと思われるシーバスを夜明けまで狙い、

夜が明けてから岩礁帯に着くクロダイを狙う2プランです。

タックル紹介

私のタックル

  1. ロッド リップルフィッシャー810Flows
  2. リール シマノ ステラ4000XG
  3. ラインPE1.2号
  4. リーダーフロロカーボーン7号
  5. ルアーはフローティングミノー
  6. デュエル ハードコアミノー110F
  7. シマノ レスポンダー109F

 

息子のタックル

  1. ロッド アピア REDLINE 84L
  2. シマノ ツインパワーC3000
  3. ライン PE0.6号
  4. リーダーフロロカーボン5号
  5. ルアーアイマコモモ125F
  6. アイマ ポッキー80
  7. シマノ レスポンダー109F

 

現場に3:30着、月明かりで海岸が良く見えます。夜明けも近いようです。

少し、現地に着くのが遅かったと反省・・・

 

岩盤や根の周辺、潮流のきいている所を探っていきます。

ルアー交換しながらチェクしましたがノーバイト

 

シーバスの気配を感じられません。

あっという間に4:00近くになって明るくなりました。

夜が明けてカモメや潮目と変化が見られ夏のカタクチイワシの接岸に期待していました。

波打ち際はだいぶ、澄潮です。

シーバスに関しては完全にナイト釣行しなければ釣れないと実感。所々に潮目が出現!

沖で魚のもじりが見えます。

この画像では抑える事が出来ませんでしたがカタクチイワシンがピョンピョン

群れて跳ねている事を確認しました。

 

シーバスのボイル等は見られない、カタクチイワシに

クロダイが意識しているかも知れない。

 

息子にはアイマ ポッキー80を付けてキャストして

クロダイの反応をチェックしますがチェイスはありません。

 

 

私はイワシカラーのデュエル ハードコアミノー110Fにチェンジ

カタクチイワシの固まっている周辺にキャストしました。

 

少し早めのリトーリーブでガッツーんとヒット

 

鬼合わせフッキング

 

そして、ダメ押しの追いアワセ

 

一瞬シーバスかなと思いましたが首振りがなかったので

クロダイだと確信して慎重に波打ち際にランディング

久し振りのクロダイ

黒色の強い精悍な面構え

息子の前でいいクロダイを見せる事で私的には満足

夏のカタクチイワシ接岸

シーバス、クロダイ熱くなってきました。

浅場にカタクチイワシ接岸に伴い、浅場の小磯に

ショアレッド、マダイの回遊もありそうな予感・・

今回の釣行を振り返って

夏のカタクチイワシの接岸を確認できたこと。大潮から中潮、

夕刻から深夜帯に狙えばシーバスの可能性を感じる事が出来た。

 

夜間帯にカタクチイワシが浅場に残っていればシーバスのヒットの可能性あり。

 

岩礁帯サーフではあれば夜明けのカタクチイワシパターン

クロダイが細身のフローティングミノーで狙うことが可能でしょう。

 

 

寝不足、薄ら禿にはキツイですが息子とまた、

夏本番シーバス・クロダイを狙っていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事