【必見】夏の遠浅岩礁サーフで狙う!カタクチイワシパターンシーバス
スポンサーリンク

どうも、YUKIです。

まだ、新潟県中越地区の岩礁帯サーフは海藻でシーバスフィッシングは厳しい状態でしょう。

しかし、6月後半から7月初旬には海藻が切れて、波打ち際に打ち上げられ遠浅岩礁帯サーフでのシーバスフィッシングが出来る状態になります。丁度のその時期に早朝にカタクチイワシの接岸が重なり、夜明け前からのシーバスの回遊とカタクチイワシの接岸条件が揃った時にシーバスヒットのチャンス!

今回は夏の遠浅岩礁帯サーフでのシーバス攻略と私が狙う夏の遠浅岩礁帯サーフに適した新作シーバスミノーを紹介したいと思います!

夏のカタクチイワシパターンシーバスとは

春には全くシーバスを狙うことが出来ない、遠浅岩礁帯サーフ、海草だらけ。そんな、海草地帯も6月後半から7月初旬には海水温も上昇し海藻は切れて流されてしまいます。

 

そんな、岩礁帯サーフが近くにありませんか?

きっと、あるはずです!

 

海藻の多い岩礁帯サーフは、エビやカニ、海岸に貝殻が多く、打ち上げられているサーフはベイトも豊富だと考えられます。

7月には夜明けから早朝にカタクチイワシの接岸がシーバスと遭遇するチャンスです!

夏のカタクチイワシパターンシーバスが成立。

スポンサーリンク

夏のシーバスタックル

夏のシーバスは産卵後の回復も進み、パワー全開です。軽量で強いシーバスのパワーに耐えれるタックルが必要ですね!

タックル紹介
■ロッド
・リップルフィッシャー
フロウス810
■リール
・シマノ
ステラ4000XG
■ライン
・PE1.2号
■リーダー
・フロロカーボン25ポンド
■ルアー
・フローティングミノー
・リップレスミノー
スポンサーリンク

岩礁帯サーフ攻略

私が夏シーバスを狙う、岩礁帯サーフは春は海藻が群生して釣りになりません。しかし、6月後半から海藻が切れて波打ち際に海藻が溜まりますが7月初旬には海藻が海岸に打ち上げられます。

よいよ、遠浅岩礁帯サーフの夏シーバス開幕!

遠浅岩礁帯サーフポイント

・潮目(潮がぶつかっている所)

・岩盤の際や岩盤上

・リトリーブしてると引き抵抗を感じる場所

・カタクチイワシのモジりがある周辺

・波打ち際に海藻やゴミが打ち上げられてる場所

・小砂利や砂が荒く盛り上がってる所

・牡蠣殻やアサリ、ハマグリの貝殻が多い場所

・サラシが出ている所

・下げ潮よりも上げ潮

以上が釣り座とするポイントです。

スポンサーリンク

新戦力ルアー紹介

私が夏シーバスを狙う岩礁帯サーフは根掛かり多発地帯です。どれだけ、過去に殉職したフローティングミノーがあったかわかりません。試行錯誤して使用できるミノーは、ほんの僅かでした。

今回、新戦力となるミノーはこちらになります・・

潜行深度は30㎝以上だと根がかりの可能性が高くなりますが潜行深度が10~30㎝!
このフローティングミノーは頼もしい戦力になります!

 

まとめ


皆さんの身近な遠浅岩礁帯サーフ、ポイントは海藻地帯です!

釣りが春先にはできない岩礁海藻地帯が小魚、カニ、エビ、貝など豊富に育てシーバスやクロダイの回遊を高めます。

ぜひ、夏シーバスを狙ってみてはどうでしょうか?

カタクチイワシを意識したシーバスに出会えると思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事