【秋は高活性】柏崎岩礁帯サーフへナイトシーバス釣行

どうも、新潟中越地区の海釣りYUKIです

2019.9月後半、岩礁帯サーフへシーバスを狙いに行きました。
今回は、単独釣行です!

大潮~中潮と潮汐が移行しての潮周り

やはり、シーバスは大潮、中潮

潮汐のチェック、波高、干満時間のチェックは重要です。
釣り用品の宅配買取【リサイクルネット】

秋のナイトシーバスは岩礁帯サーフへ

9月15日以降のシーバスは近年にない好調です。

私だけかな(* ´艸`)クスクス

皆さん、アオリイカに夢中

特にベイトが居るわけでもないけど、岩礁帯サーフはシーバスの回遊、
又は、岩盤、根にシーバスが付いていると思われます。

特に大潮、中潮は上げ潮から満潮までの間に夜間はシーバスの活性が高い!

 

シーバスの回遊コースの見極め

 

ポイントの見極め

・太い潮流を感じるところ

・沈み根が大きい、ヨレができやすい

・サラシが出やすい浅場

・荒めの砂利、盛り上がっている

・砂ガニの穴が多いサーフ

 

釣り座の選択に重視している点です。

今回のシーバスタックル

 

 

今回は疲れも配慮したロッド選び、ルアーが岩礁帯サーフに適しているかチェック!

 

タックル紹介
■ロッド
リップルフィッシャーフロウス810
■リール
シマノ ステラ4000XG
■ライン
PE1.2号
■ショックリーダー
フロロカーボン8号

▲ルアー
シマノ サイレントアサシン99F
シャロ―アサシン99F

 

軽量タックルは中年に必須です。体力が落ちました(´;ω;`)ウゥゥ

 

最近、シマノ シャロ―アサシン99Fでの釣果が多いですね。

岩礁帯サーフでの釣果

上げ潮から満潮までの時間にシーバスの回遊、活性があがるだろうと読んでのナイトシーバス釣行です。
まず、釣り座に構えた、ポイントは潮流がすぐ、キャストしてわかるポイントです。

 

根もところどころあり、流れが複雑になっていて、ルアーをキャストしてリトリーブしてくるとすぐに、潮流の把握ができる場所です。

 

最初の一投でシーバスのバイトを確認できました!

 

2投目でシーバスヒットです!一投目でアタリがあったコースへキャストして仕留めたシーバス

 

 

この時期のシーバスはまだ、スリムなシーバスが多いです。

 

 

メジャーをあててみると60㎝オーバーのスズキ、シーバスです。

シーバス釣り動画はこちら

このシーバスのヒット状況

岩礁帯サーフで潮流がぶつかり合う、太い流れです。そこに、しっかりとルアーを通して、根に付いてるシーバスそして、その流れに回遊してくるだろうと予測できるシーバスを狙っています。

ヒットした条件

・大潮~中潮

・干潮から満潮へ向かっている上げ潮

・潮流

・隠れ根

・かけ上がり

2本目のシーバスキャッチ

 

2本目のシーバスは、岩礁帯の浅い、サラシが出やすい岩盤の上でヒットしたシーバス!

 

このシーバスがヒットした条件

・大きな岩盤があり、サラシが出やすい。

・この岩盤にシーバスが回遊した場合、居つきやすい。

・離岸流が発生しやすい。

・上げ潮から満潮の潮止まり前

・潮汐が大潮~中潮であった

 

 


この2本目のシーバスはキャストしてすぐ、ヒットしたので約50メートル沖でヒットしたのでやり取りが楽しめました。
またもヒットがシマノシャロ―アサシン99F

 

2本目のシーバスも60㎝オーバー

 

岩礁帯サーフシーバス釣行を振り返って

 

今回の釣行は9月末ですが10月からは、ナイト―シーバスではなく、早朝から波気があれば十分、日中のサラシ撃ち
カタクチイワシの接岸でます、ます、秋のサーフシーバスが楽しめる季節となります。

 

 

また、息子と親子でシーバスを狙いたいと思います。皆さんもサーフでシーバスフィッシングを楽しんで見ては如何でしょうか!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事