メバルプラッキングゲーム
スポンサーリンク

メバルプラッキングゲーム

H30.4.22

前日にライトジギング行っていましたが連日のソルトルアーゲームです。深夜2:30自宅を出発しました。

 

前日、ボートで出港時、帰港時に稚鮎の姿を確認できましたので稚鮎を意識したメバルをプラグ狙ってみたいと思い、深夜の強行釣行、中年親父には結構、きつい寝不足の釣りとなってきています。

 

夜が明けるまでシンキングペンシルをローテーションして探りましたがノーバイトに終わりました。

 

夜明け前の風景

今回使用したタックルは

  • ロッド ブリーデンGRF-TR93゛PE special゛
  • リール シマノツインパワーC3000S
  • ラインG-soul upgrdePE X8 0.6号
  • リーダーフロロカーボン1.7号
  • ルアー シマノ エクスセンス トライデント60
  • ダイワ モアザンレイジーBB 75S-HD

 

このシンキングペンシル2個で投げ倒しました。

 

このシマノ エクスセンストライデント60、飛距離が出ます。プラグのメバリングにも稚鮎パターンシーバスにも有効であると使用して感じました。

 

ダイワ モアザン レイジーBB 75S-HD、このプラグはフォールスピードがゆっくりです。クロダイのプラッキングゲームにも有効だと思います。もちろんメバル、シーバスにも。

 

 

同行していた釣友はプラグからワームに変更して1匹のメバルを釣りました。プラグでのバイトはなかったと言っていました。

今回のナイト釣行では稚鮎の気配はありませんでした。夜が明けると岩礁帯の海底の様子です。例年に比べると海藻の量が少なくてメバルが身を隠せるところが少ないと感じています。

夜が明けても稚鮎の姿は見えませんでした。前日の午前には稚鮎が群れていたんですが・・・

 

まだ、稚鮎パターンのメバルプラッキングゲームこれからだと思います。稚鮎を確認してポイントを選定して尺メバルを狙いたいと思います。

 

新潟県中越地区の海釣り、春のベイト、稚鮎の同行をチェックしながらメバル、水温上昇でシーバスも回遊、活性が上昇してくるでしょう。

 

今回、リールライン交換して、プラグの飛距離がアップしましたこのラインはオススメです。

 

 

 

釣友が唯一 ワームで釣ったワームを紹介

 

スポンサーリンク
関連キーワード
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事