春のメバルプラッキングに購入
スポンサーリンク

春メバルプラッキングにシンキングペンシル

YUKIです。

今日は、夜勤明け翌日の休日です。子供達も春休みで3人とも家にいます。ブログ投稿前に昼飯作りです。

夕飯も・・・・・・・・・

 

気温も高くなり、新潟県中越地区の桜の開花もだいぶ、進んだようです。午後より天気は崩れるみたいです。

 

これからのメバルプラッキング必要とされるルアー2つを購入しました。2つともシンキングペンシルとなります。

 

これからの季節、稚鮎の回遊がはじまり、漁港、湾内、小磯周辺と稚鮎の出現でフィッシュイータの活性は上がってまいります。

 

そこで久しぶりにメバルプラッキング用にルアーを2つ購入しました。

 

まずは、こちらのシンキングペンシルを紹介します。

morethan Lazy BB75S-ホタルイカTUNE

 

新潟県中越地区の海域にはホタルイカの接岸はありませんが十分、コイカ、稚鮎、カタクチイワシをベイトとして捕食している際は十分、対応できてると思って購入しました。稚鮎を意識したシーバスにおもしろいと思います。

 

スローリトリーブでのレンジキープ力が増すともに、シャローエリアでも扱いやすい絶妙なフォールスピードを実現しているそうです。

 

ボディにブルーグローをあしらっている。フックは、ST-46#8を標準装備。オリジナルに搭載されている。ST-56#6からダウンサイズ&6からダウンサイズ&細軸化する事でホタルイカパターンへの対応力をアップさせている。

 

狙いのターゲット、攻略レンジを考えてフックサイズを上げ下げするのもおもしろい。アングラーの自由な発想で思い思いのホタルイカパターン楽しむことが出来ると説明あり。

 

私は水深のある小磯でフォールスピードを意識したメバル、クロダイをターゲットに有効だと考えて釣行で使用したいと思います。

 

続きまして・・・・・・・・・

2つ目のシンキングペンシルを紹介します。

シマノ トライデント60S AR-C ナイトスペシャル 

60mm 8g 飛距離51m

 

バチ、イカ、稚アユ、カタクチ、トウゴロイワシ、イナッコ、小型化ベイトパターンに最適スリムなのに60mmなのに、飛距離は平均51mオーバー

 

飛距離と立ち上がりを両立するバネ式構造を採用したAR-Cシステムを搭載する事で、キャスト時にはバネの痛みを利用した重心移動、着水前にはウェイトが戻って固定重心のメリットを再現していると説明書きがあります。

 

アクションはスローリトリーブからしっかり動くクイック系のワイドロール設定、フォールは水平姿勢で小刻みなフォーリングバイブレーションで喰わせの間を演出します。

 

小粒でもしっかり飛び、潮目、沖の根際を狙うのに、有効だと私は思っています。尺メバル、クロダイ、シーバスにも稚鮎パターンで活躍してくれると思います。

 

次回のメバルプラッキングゲームにはルアーケースに入れて釣行したいと思います。

 

春のメバル、シーバス、夏のクロダイにも オススメです。 気になる方はこちらからチェックしてください。

 

 

ホタルイカTUNEは限定なのか、見つかりませんでした。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事