【夏本番】岩礁帯サーフへナイトシーバス釣行
スポンサーリンク

どうも、YUKIです。

子供達は、夏休み

色々と忙しい毎日になりそうです。

 

夏休み前日の夕刻に息子と岩礁帯サーフにナイトシーバスに行ってきました。

2019夏のナイトシーバス

日が沈む前に到着、2019年夏のナイトシーバス、遠浅岩礁帯サーフ

梅雨明け、岩礁帯の海藻もはがれ、落ち着いたサーフとなっています。

 

サーフを見渡すと砂ガニの穴もところどころにあります。

クロダイ、シーバスの餌となります。

夏のベイトはカタクチイワシ、極小サヨリ

スポンサーリンク

タックル紹介

 

シーバスタックル
■ロッド
リップルフィッシャーフロウス810
シマノ エクスセンスワイルドコンタクト902

■リール
シマノ ステラ4000XG

ダイワ ブランジーノ3000

■ライン
PE1.2号

■ショックリーダー
フロロカーボン25lb

■ルアー
シマノ エクスセンス シャロ―アサシン99F
レスポンダー109F

根掛かり多発地帯にお薦めルアー
スポンサーリンク

ポイント

 

岩礁帯サーフの狙いどころ

・ルアーをキャストしてリトリーブすると抵抗を感じるところ

・小砂利盛り上がっていたり、ゴミが打ち上げられている

・岩盤の上、両端にミノーを通す。

・牡蠣殻や貝殻が目立つ波打ち際

・砂ガニの巣穴が多いところ

今回、息子と上記にあたる場所を2時間、ロッドを振り続けて、
私が1ヒット1バラシ、息子は1バイト
新開発のシマノ、フラッシュブースト搭載は、止めておいても
アピールする新感覚ミノー
エクスセンス シャロ―アサシン 99F  FLASH BOOST
このミノーは今後の遠浅岩礁帯サーフのシーバス釣行に強い武器となるでしょう!

 

スポンサーリンク

ナイトシーバス振り返り

今回は、ベイトの気配がなくシーバスの回遊がなかったが岩礁帯の中にどうやら、小型のシーバスが付いていたと思われる。

ベイトを追ってのシーバスの気配は感じなかった。

次回はデイシーバスの可能性をシマノ エクスセンス シャロ―アサシン99Fで試してみたいと思います。

 

 処分に困る釣り具やリサイクルして新たな釣り具資金へ

スポンサーリンク
関連キーワード
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事