終盤戦ハタハタパターンシーバス
スポンサーリンク

H30.1.11  寒波到来

こんばんわ、こんな大雪で国道8号線も通勤時には大渋滞、職場は会社に遅刻した方も居たかもしれません。

 

さて、今月中はハタハタパターンシーバス このキーワードを信じて海に通うと決めています。

 

風波が強い日でも港内にハタハタが接岸していれば、きっとシーバスも入っていると思います。

 

産卵を控えたシーバスは、まだ、まだ、しっかり捕食して産卵に向けて、準備をしているでしょう。

 

彼たちも私達、人間も生きなければいけない。

食事を摂らなければいけない。

 

いつものポイントではなくても、何気ない、この港、スロープにシーバスが回遊しているかも知れません。

 

ハタハタも入っている所がきっとあるはず・・・・・

 ハタハタの気持ちになって考えてみましょう。

 シーバスの気持ちになって考えてみましょう。

 

まだ、ハタハタパターンシーバスチャンスはきっとあると思います。

 

まだ、ハタハタをベイトとして回遊するシーバスがきっと、いるはず(* ´艸`)クスクス

流れの変化のある所、潮流を感じる所にシーバス達は回遊しています。

 

 冬のシーバスフィッシングで心がけている所を

 お伝えしようと思います。

 

  • リトリーブはとにかくゆっくり巻きましょう。
  • いつも、フックは鋭い物を使用しましょう。
  • 潮流を感じるところにキャストして回遊を待ちましょう。
  • 飛距離の出るミノーを使用しましょう。
  • 上げ潮、満潮、下げ潮を意識しましょう。
  • 港内で釣り可能な場所で勇気を持ってキャストしてみましょう。え、こんなシーバスが・・・・・

 

スポンサーリンク
関連キーワード
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事