【秋本番】シーバス釣行 秋のサーフはサラシを撃て!
スポンサーリンク

十五夜を迎えると秋のサヨリパターンシーバスを連想

満月大潮、シーバス、甘くない月夜、

月夜に波のあるサーフへいざいざ、出陣!

肌寒くなった秋のシーバス釣行です。

波気あるサーフへシーバスを求めて

大潮後の中潮に岩礁帯サーフへ波は0.9メートル、程良くサラシが出ています。

寒いくらいの風が吹くようになり、秋のサーフシーバスシーズン到来( ^ω^)・・・

 

岩礁帯の浅場に白い波の帯が広がる前のタイミングにキャストして、サラシの中にルアーを通してくるとシーバスがアタックして来ます。

 

サーフにいくつものサラシが出ている場所を探る

 

秋のサーフシーバスはサラシを撃て!


秋のサーフシーバスタックル

サーフの小場所、テトラ帯周辺などを手返しよく、打っていくためのタックルを選択

 

タックル紹介
■ロッド
リップルフィッシャー
フロウス810
■リール
シマノ
ステラ4000XG
■ライン
PE1.2号
■ショックリーダー
フロロカーボン30lb
■ルアー
シマノ
シャロ―アサシン99Fフラッシュブースト
各カラー

 

スポンサーリンク

月夜の秋サーフナイトシーバス釣果

今回は、2019.9.18釣行、満月大潮~中潮とチャンスと読んでの上げ潮から満潮。
釣行時間と決めて、柏崎方面の岩礁帯サーフへエントリーして離岸流、サラシを撃つシーバスフィッシングを展開しました。

 

まず、流れのしっかり効いてる所へフローティングミノーを投げてキャストします。
使用ミノーは、シマノシャロ―アサシン99F FASH BOOST

 

とても雰囲気は良さそうな感じ、長年の感です!

私はいくつかのサラシの中で
3つに絞ってルアーを角度を変えてキャストします。

・白い泡の中

・サラシの両サイド

・サラシの中を斜めにルアーを横ぎらせてみる

 

以上が私のサラシ撃ちのメソッドです。

 

やはり、太いサラシの中でヒットしたシーバス!

がっぷり、ハーモニカ食いです、沖へフルキャストして、ルアーを長く見せて、かけ上がりでのヒットです!

2019、令和元年、初シーバスです。

銀ピカの状態が良いシーバス61㎝1.5キロ




今回も3つのサラシを決めてサラシ撃ちをしていますがこの3つのサラシを満潮いっぱいまで、ローテションをして攻めます。

最初の1本目のサラシの脇の流れにキャストしてミノーをリトリーブしていきます
かけ上がりに差し掛かった時に2本目のシーバスがヒットしました!

小型の細身の綺麗なフッコサイズのシーバス

スポンサーリンク

秋のナイトサラシ撃ちシーバス釣行を振り返って

 

今回のナイトシーバスフィッシングサラシ撃ちは、月夜であった、浅場の岩礁帯サーフが意味があり、シマノ シャロ―アサシン99Fフラッシュブーストがあてはまると信じてキャストをして、わかりやすい結果が出ました。

 

 

やはり、9月15日以降からサーフは秋らしい波の波長、秋のサーフシーバスフィッシング開幕と言えるでしょう!
皆さんも楽しいサーフのサラシ撃ちシーバスフィッシングを楽しんでみては如何でしょう。

 

スポンサーリンク
関連キーワード
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事