【必見】真夏のライトジギング釣行
スポンサーリンク

どうも、YUKIです。

 

仲間のプレジャーボートに乗船させてもらいライトジギングを楽しんできました!

真夏のライトジギング

 

7月後半にライトジギングに行ってました。投稿が遅れました。

 

私の近況報告といいますと薄毛の進行がこの夏に進んだ事をここに報告させていただきます。

 

さて、忙しい毎日の中でも趣味である釣りは行きたい、美味しい魚は、家族も喜んでくれます。

 

時間を使って収穫なしだと、このハゲーと言われ兼ねないですよね?

 

それは私だけでしょうか?

 

さて、ライトジギングの話に戻りますが真夏のベイトといえばカタクチイワシがベイトでしょう。

 

このカタクチイワシ、中越沖の近海にも恩恵をもたらしてくれます。

 

青物は、イナダ・ワラサ・底から中層はマダイそして、スズキ、根モノでキジハタがメインでしょうか。

 

クロソイも春に顔を見せる魚ですが真夏の水深のあるポイントでは特大クロソイも時にはあがる事もあります。

 

雨後の濁りの中では、サワラが寄ってきます。

 

ジギングをしてるとすっーと、サワラカッターで高級ジグをロストしてしまう事もあります。

 

その年にもよりますがカタクチイワシの接岸量でタチウオの当り年も過去にありました。

 

 

さて、仲間のボートで沖に行きます。

 

まだ、涼しい時間帯の朝焼けをみながら、ポイントにボートを走らせます。

 

ベイトの反応があれば良いですが・・

 

 

船長の操船のもと、的確に岩礁帯のベイトの反応がある場所にボートを流してくれます。

 

スポンサーリンク

釣り方

ジギングの基本

ワンピッチジャーク

リール一回転につきロッドを一回上にしゃくる。

さて、実釣開始です。

 

各人、想いれのあるジグでライトジギング開始です。

 

青物と思われる反応があります。

 

着底後、ワンピッチジャークでしゃくります。

 

乗船者4人で激しくしゃくります。

 

青物の活性を上げなくてはヒットしません 。

 

ようやく、ヒットしました。

 

青物特有の突っ込みのあるひき味です。

 

釣った感があります。

 

やり取りを楽しんで上がってきた魚はワラサでした

 

 

真夏のカタクチイワシを食べているワラサ、パワーありました。

 

再度、ボートを反応のあるポイントに流し、直します。早速、釣友がかけます。

 

中層でヒットしたと言っています。

 

なんだろうと?  見守っているとスズキです。タモを持って、ランディング態勢に入り、スズキの頭をこちら側に誘導の際にフックアウト、およそ70センチオーバーのスズキでした。

 

このスズキ(シーバス)もカタクチイワシに着いているようです。

 

水深60メートル越えている所でまさか、シーバスを見るとは思いませんでした。

 

陸でサーフで一生懸命、キャストしても釣れない訳です。

 

沖にベイトがいるならシーバスは当然、沖に居ることになります。

 

いくら、通ってもシーバスが釣れる訳がありません。

 

浅場にベイトが居ないんですもの・・・・・

 

ボートで釣りをしていた時には、わかりませんよね。

 

20代前半は、真面目に通ってサーフや河口に夜な夜な夜が明けるまで頑張りました。

 

話は戻りますが昨年もこの真夏のカタクチイワシパターンになりますと真鯛が底から中層にかけて回遊していることが魚探を見て確認する事が出来ました。

 

K氏はベイトタックルで今、流行りのジグを落として、着底させると同時にベイトリールを巻いています。

 

昨年、私も真夏の時期にスロージギングで針を折られたりと大型真鯛をバラシています。

 

その後は、フックは太い軸で折れる心配のない、フックに変更しています。

 

昨年、脱肛の手術、退院後に大型真鯛を釣りました。

 

 

流行りのジグで探っているK氏が掛けました。

青物ではないひき味です。

 

慎重にやり取りして、数メートル前でボコッと水面に出たのは良型真鯛です。

 

 

3キロ近い立派な真鯛です。

 

その前にK氏はキロ近いワラサを釣っています。

 

画像残っていません

 

今日のK氏は絶好調です。

 

ちなみに私の釣果はこんな感じです。

 

スピニングタックルのライトジギングで80グラムのグロージグで小型ではありますが真鯛を釣っています。

 

禿げています。薄ら禿げています。

 

毛促進。

 

 

こんな感じの小型真鯛です。

 

 

                 

先ほどK氏が釣り上げた良型真鯛がこちら・・・

 

 

そして、私の釣った真鯛とK氏の真鯛がこちらになります。

 

 

この真鯛はまさしく、カタクチイワシパターンですね。その後は、私はスロージギングでネチネチと根周りを攻めて晩御飯のおかず確保の釣りを展開です。

 

 

美味しいキジハタをネチネチ釣りました。起き上がりの時間です。

 

本日はK氏の独壇場でした。

 

 

本日のクーラの様子はこんな感じです。

 

美味しい魚種ばかりです。

 

 

 

K氏のクーラーは6キロワラサ、クーラに入らないため下処理されています。

 

真鯛、キジハタ、ホウボウです。

 

次回は8月は乗合船のイカメタルゲーム予定です。

 

 

 

 

オフショア記事一覧です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事