【釣行記】2023.6月中旬小規模河川河口シーバス

※アフィリエイト広告を利用しています。

 

スポンサーリンク

どうも、YUKIです。

 

息子がアジングで尺アジは釣った、メバルは釣った。

 

デカイ魚が釣りたいと言いはりまして、小6の時に岩礁帯サーフで釣った58センチシーバス以来のシーバス釣行。

 

オヤジは高校一年に成長した息子を連れて海へ車を走らせたとさ。

 

そんなシーバス釣行記となります。

 

スポンサーリンク

2023.6月小規模河川河口シーバス釣行

 

今回は、私が20代の頃に稚鮎を捕食するために回遊してくるシーバスを狙いに行った小規模河川の河口に来ました。

 

ウェーディングゲームができる小さな河口があるサーフって感じです。両サイド沖にテトラがあります。

 

河口から流れる濁った水の筋ゃヨレに沿ってキャストしてシーバスの回遊を待つ場所です。

 

ベイトは稚鮎です!

 

今回は夕まずめから日が沈んでからのナイト短時間な釣行。

 

さて、タックルはといいますと・・

 

タックル紹介

 

私はアジやメバルを狙いのシーバスも掛かっても問題ないロッド、息子はガチシーバスタックルです。

 

小規模河川河口シーバスタックル

私はのタックル

■ロッド

ブリーデンPEspecial93

■リール

ツインパワーC3000S

■ライン

PE0.8号

■ショックリーダー

フロロカーボンライン12lb

■ルアー

バズデザイン
MATCHBOW 100F

エバーグリーン
コルセア65

息子

■ロッド

アピア
BEST BRAWL86MH

■リール

ダイワモアザンブランジーノ3000

■ライン

サンライン1.5号PE

■ショックリーダー

フロロカーボンライン5号

■ルアー

アピア
AILED ORE115F

DOVER70F

 

 

スポンサーリンク

釣果とまとめ

 

 

夕まずめは、稚鮎が表層でぴちゃびちゃしはじめたら、ソゲ(ヒラメ)が釣れました。

 

息子全くはアタリなし。

 

 

シンペンにアジが来ないかと思い、シンペンをキャストする。

 

 

コツコツと何かがバイト、正体は尺アジでした。

 

 

今回の釣行はオヤジの私がソゲと尺アジ

 

息子はぼーず。

 

いつまで、親父と釣りに行ってくれるのか、わかりませんが行ける時はは親子でシーバス釣行を重ねたいと思います。

 

では、また、行ってきます。

 

次は今年の初、シーバス釣れるかな。

 

今回、使用したルアー達。

 

ドシャローなので潜行深度30センチのルアーを揃えています。

 

 

フラットフィッシュゲーム、クロダイゲーム、シーバスフィッシングをもっと勉強したい方、多種多様な釣りを楽しめますよ!

スポンサーリンク

シーバス記事一覧

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事