【悩み】なかなか釣れないシーバスを釣るまでのお話
スポンサーリンク

 

 

どうも、新潟中越地区の海釣り YUKIです。

 

 

ソルトウォターフィッシングを始めてシーバスが釣れるまで
私が工夫した事を話したいと思います。

釣れなかったシーバスを釣るまでに行ったこと

はじめて、シーバスロッドを買ったロッドがダイワのパシフィックファントム11f
ルアーフィッシングを始めた最初のロッド。

 

 

最初に釣ったルアーで釣った魚は河口で釣ったイナダ2本でした。

 

 

ロッドが硬いせいか、メタルジグでの釣りが自然と増えていきました。
ヒラメ、イナダ釣りを繰り返しました。

 

 

 

ある日、19歳の頃、堤防での知り合ったシーバスの師匠
現在も一緒にアジングやシーバスを釣りに行きます。

 

 

この出会いがなければ、私はシーバスを1本も釣ることが出来ていないし、
ソルトルアーフィッシングを続けていなったかも知れません。

スポンサーリンク

最初のシーバスに出会うまで行ったこと


はじめて、シーバスを釣った河口は鵜川河口。

 

 

深夜から夜明けまで小型のバイブレーションをひたすら
キャストを繰り返しました。

 

 

橋脚周辺でヒットしたシーバス、フッコサイズをゲット
ここまでに来るまで苦労しました。

初シーバスを釣るまでにした事

1.大潮~中潮の時に海にいく。

2.河口の濁りが出た時に海にいく。

3.ルアーのリトリーブをデッドスローで通した。

4.ルアーのフックは常に尖ったもの刺さりの良い
フックに交換した。

5.潮汐を意識して上げ潮、下げ潮
潮が動いている時に釣行を重ねた。

以上の事を繰り返し、何度も同じポイントに通いトライアンドエラーを
繰り返してからシーバスの釣れるタイミングが分かってきました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事