【完全版】ハタハタパターン漁港シーバス

どうも、YUKIです。

 

 

12月下旬から2月上旬は寒波による時化で荒れている時は、ハタハタも漁港に入ってきて、
シーバスもハタハタを求めて漁港に回遊しハタハタを捕食しています。

 

 

そんな状況が揃った時、漁港内でランカーシーバスを釣り上げた情報は昔からあります。

釣り用品専門買取【JUST BUY】

 

 

ハタハタパターン漁港シーバスについて解説していきたいと思います。

 

 

条件として2つに分けて解説します!

ポイント2つ

・岩礁帯や藻場が近い漁港を釣る

・新月 大潮

【完全版】ハタハタパターン漁港シーバス

 

ハタハタパターンシーバスというと岩礁帯サーフ、海岸線の岩礁帯テトラ、ゴロタ海岸、海草が多い小磯などがポイントとなります。

 

 

しかし、寒波による時化で当然、有望ポイントは釣りが出来ません。

 

 

 

 

そんな時は岩礁帯や海藻帯の近い漁港に時化の時にハタハタが漁港に入っている時があるのです。

 

 

ハタハタが漁港内に入っているか調べてハタハタパターンシーバスフィッシングを展開するベテランアングラーがいます!

 

その方法とは

・漁港内でハタハタをサビキで狙ってみる

※ハタハタサビキ用で釣るのが効果的

 

サビキでハタハタが釣れれば確実にハタハタパターン漁港シーバスと成立の可能性が高いのではないでしょうか。

 

 

ハタハタが釣れる漁港となれば、近場の岩礁帯サーフ、ゴロタ場、磯周辺、海岸のテトラ帯も有力ポイントとなるでしょう。

 

 

※安全で釣りが出来る環境が条件となります。

 

 

風向き、波高、潮位、上げ潮、満潮、潮汐も情報として把握してポイント選びには慎重に!

岩礁帯や藻場が近い漁港を釣る

 

岩礁帯や藻場が近い漁港は12月下旬から1月下旬に産卵をするためハタハタが接岸し暴風や時化には漁港内にハタハタが入り込んでくる可能性が高いです。

 

 

ハタハタ接岸はその年や潮汐、海峡や水温よって誤差はあるのでないでしょうか。

 

 

12月下旬にハタハタをサビキで狙っている方も確認したことがあります。バケツの中にはハタハタがしっかり入っている事を確認しています。

 

 

ハタハタは時化や波高の高い状況を利用して深海から風波を利用して接岸します。波高の高い日はサラシを作り出し酸素量を高めてくれることをハタハタは知っているのでしょう。

漁港内のポイント

・常夜灯の明暗

・船道

・先端部の潮が巻いている所

・サラシや泡が浮いている所

・沈み根や海藻帯

・スロープ前のかけ上がり

釣り方

各漁港内のポイントをキャストして探る

リトリーブはゆっくりただ巻き

ルアーはハタハタサイズに合わせる

・大型ミノー15~17㎝

・ベイトタックルならサイズ20㎝のビッグベイト使用

ハタハタパターンシーバス漁港 タックル

タックル紹介

■ロッド

シーバスロッド
9.2~9.8f
スピニングタックル

または、ベイトロッド

■リール
スピニングリール
4000番~5000番

ベイトリール
シマノ エクスセンスDC
カルカッタコンクエストDC

■ライン

PE1.2~1.5号

■ショックリーダー

フロロカーボン
25~30lb

■ルアー

・大型ミノー15~17㎝

・ビッグベイト20㎝

新月 大潮

 

シーバスを釣る上で欠かせないのはベイトは当たり前、次に関係するのは潮汐である。

 

 

シーバスの回遊率とハタハタの接岸確立を考えると月夜ではない、新月大潮が最も確率は高い!
大潮~中潮が重要。

 

 

そこに照準を合わせてハタハタパターンシーバス釣行を重ねる事がシーバスゲットの近道といえると思います。

まとめ

 

12月下旬から2月上旬は寒波による時化で荒れている時は、ハタハタも漁港に入ってきて、
シーバスもハタハタを求めて漁港に回遊しハタハタを捕食しています。

・高波や時化の時は岩礁帯や藻場が近い漁港を釣る

・新月 大潮

 

風向き、波高、潮位、上げ潮、満潮、潮汐も情報として把握してポイント選びには慎重に!

 

 

※防寒対策、ライフジャケットは必ず必須アイテムです。

 

 

命を落とすような状況では釣りをしない、雷も危険ですので沖で光ったり、近づいてきたら早い決断で釣りをやめましょう!

 

 

私自身もそこは早い判断で自分の身はしっかり自分自身で守り、シーバスフィッシングを安全に楽しみましょう。

 

臨機応変の対応も忘れずに

ハタハタだけがベイトではない、カタクチイワシ、コノシロ、小アジ、大型サヨリがベイトの時だってある!

漁港には各種ベイトがいることを忘れずにシーバスフィッシングを展開しよう!

 

 

冬のシーバスフィッシングは過酷ですが大型シーバスゲットのチャンスです。

 

 

気になる漁港でシーバスを狙ってみませんか?

釣り関連 おすすめ
釣りビジョンVODで最新の釣りメソッドを勉強し必要なくなった釣り具用品を断捨離しよう!

国内最大級の釣り動画サービスはこちら

釣り用品専門買取【JUST BUY】