10.9 秋のサーフ シーバス釣行
スポンサーリンク

新潟県中越地区の海釣り YUKIです。

すっかり秋が深まり、水温の低下も感じられる海峡となって参りました。

 

 

さて、年内中に息子がシーパスを一本釣りたいと目標があります。

 

深夜3:00に起床して柏崎方面のサーフにシーバスを息子と狙いに行ってきました。

夜が明ける前に実は一投目にシーバスをヒットさせていました。

岩礁帯のサーフで潮流が速い場所です。

 

 

キャストしてなんと1投目3巻くらいでヒットしてしまいました。🎣

 

波打ち際まで寄せてきましたが痛恨ののフックアウト( ノД`)シクシク…

 

 

ヒットルアーは廃盤ルアーです。カラーはクリアーなんです。澄潮にめっぽう強い

 

フックを確認すると伸ばされていました・・・(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

ヒットルアーはその後、フックを交換して殉職致しました・・Σ(゚д゚lll)ガーン

 

 

見てくださいこの伸ばされっぷり・・・( ノД`)シクシク…

 

 

秋のシーバスはパワー全開、ランカー級には太軸フックに交換しましょう。

主にシーバスルアーのフックは6番・4番を使用することが多いですね。

がまかつ トレブル RB H(ヘビー) ハイパーシールド (トリプルフック)

 

今回のシーバスタックル

  • ロッド リップルフィッシャー810 Flows
  • リール シマノステラ4000SW
  • ラインPE1.2号
  • リーダーフロロカーボン25ポンド

 

  • ロッド シマノ エクスセンス90 ワイルドコンタクト
  • リール ダイワ ブランジーノ3000番

 

さて、痛恨のバラシの後、息子、私も全くアタリがありませ・・・

 

夜が明けてカタクチイワシの接岸が始まりました。

 

あちらこちらでカタクチイワシが騒いでいます。ハタハタパターンが始まる前のシーバスは・・・・・・・・

この晩秋から初冬はカタクチイワシ頼り、秋のサーフシーバスはカタクチイワシパターンとなります。

 

 

流れ、潮目、岩盤、根を意識した箇所にキャストを繰り返します。

 

ショートバイトが多数あります

 

波打ち際まで付いてくる魚体が見えます。ツバイソ。ブリの幼魚です。ワカシより小さいサイズ。

 

その後、カタクチイワシについている定番外道( ^ω^)・・・

 

サヨリではない歯の鋭いあの魚・・・(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

 

80センチ程のダツでした。魚の活性はカタクチイワシがいると高い事が証明されますね。

 

 

シーバスの反応はありません。

 

 

シーバスは諦めて岩礁帯の浅場をロッドを立てて、細身のミノーでいぶし銀を狙うことに・・・

 

きっと、彼たちもカタクチイワシを意識しているハズ

 

 

 

実績のある岩礁帯へフルキャスト

 

ゆっくり、ロッド立ててゆっくり巻いてきます。

 

 

 

すると・・・・ゴッンとヒット 結構トルクのある

あれ・・・・シーバス? ?????

いや、銀ピカのクロダイでした。

 

しかも50センチ近い良型。

 

 

クロダイはカッコいいですね。

 

 

残念ながら、今回はシーバスはフックを伸ばされてバラシてしまいました。

7:00過ぎたので納竿としました。息子はノーバイト残念。

 

今回のシーバス釣行を振り返って

  1. 今回のポイント大潮、新月の下げ潮でのシーバスヒット、数日前に天候が荒れていた為波打ち際は笹濁りであった。
  2. ルアーは潮色が澄潮ぎみだとクリア有効。
  3. バラシの原因は秋のランカーシーバスに耐えうるためには太軸のフックに交換するべきだった。
  4. カタクチイワシの接岸が始まっているため活性は高い状況だった。
  5. 下げ潮~干潮になるまでの釣行時間がやや短かったと反省。
  6. 満潮から釣り始めていればもう少し地合いが長くシーバスを釣り上げられたかも・・

 

今月10月いっぱいは柏崎方面の岩礁帯サーフでシーバスを狙っていきます。カタクチイワシの動向をチェック!

 

今回、岩礁帯サーフで使用したルアーは詳しくはこちらから
ダイワ ショアラインシャイナー SL145F
シマノ エクスセンス レスポンダー 109F X AR-C 109F XM-S19P (シーバスルアー)

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事