【感度抜群】アジングロッドでエリアトラウトに挑戦してみた!

どうも、YUKIです。

 

いつも、新潟中越地区の海釣りを見て下さりありがとうございます。

 

今回は昨年、2021年、晩秋にアジングロッドを使用してエリアトラウトに挑戦した釣行記になります。

 

では、進めて参ります。

【感度抜群】アジングロッドでエリアトラウトに挑戦してみた!

 

エリアトラウトロッドのロッド調子はライト、ウルトラライトって感じで柔らかい。

 

スプーンを使用した時は、ロッドでアタリを取るよりも糸ふけを多少作りながらのリトリーブ時のラインの変化で
アタリを取る感じが最近のエリアトラウト、管理釣り場のように感じる。

 

20年以上前の管理釣り場のトラウトは、金色のスリムミノー4㎝~7㎝でスレずに結構釣れた。

 

しかし、現在は数多くのスプーンを各カラー使い、色々なg数を多用し、クランクベイト、ミノー各種を手を変え品を変えての管理釣り場のトラウトフィッシングとなっている。

今回のエリアトラウトタックル紹介

 

今回はエリアトラウトロッドなしのアジングロッドのみです!

 

ラインで変化を取るのではなく、アジングロッドが持っているロッド感度、手感度を利用して積極的にアタリを取ってトラウトを釣るをテーマにエリアトラウトに挑戦です。

タックル

ロッド

アジングロッド
34 PSR-60

リール

シマノ
カーディフCI4C200HGS

ライン

エステルライン0.3号

ルアー

スプーン

鱒の華

ベビークランク

※鱒の華 使用禁止のエリアもあるので確認しましょう。

釣り方

 

スプーンをまず、使用してみる、数投なげてみる。ツン、ツンとアジングロッドに伝わるアタリ、トラウトロッドでは柔らかいので、アタリがわからない場合が多い。

 

玄人は、スプーンをリトリーブしている時にラインの変化を捉えて掛ける釣りがエリアトラウトでは主流になっていると思う。

 

初心者にわかりにく・・

 

しかし、アジングロッドを使用してみるとアタリが多く、その数多いアタリを拾って掛けるメリットがあります。

 

 

スプーンでスレたなと思ったら、ミノーやベビークランクも使用してみる。

 

波動に意識したトラウトはショートバイトかも知れませんが口を使ってくれます。

 

そのショートバイトもアジングロッドの伝達力でアタリを拾いトラウトを掛けることができます。

 

そこで、とうとう、アタリがなくなってしまったなと時間帯に最終兵器があります。

 

鱒の華という、ルアーがあります。

 

このルアーはキャストして放置で釣れます。

 

キャストしてフォール中にひったくっていく、アタリもあります。

 

 

ゆっくり、巻いてくると、結構あたりがあります。

 

この鱒の華のデメリットは、釣れすぎるし、飲み込んでしまいます。

 

針外しがあると便利です!

 

鱒の華を禁止している釣り場もあるので確認してから使用しましょう!

 

もう一度、言いますが鱒の華の使用時はトラウトは、かなりの確率で飲み込んでしまいます。

 

エリアトラウトで釣り座・ポイント選び

 

これは、簡単です。

 

エリアトラウトはこれに限ります。

釣り座・ポイント

・トラウトが数多く見える流れ込み。

・水の流れが目視して変化があるところ。

トラウト(魚)がいないところにルアーを通しても、釣れる確率は下がります。

 

トラウトが水面に多く見える場所、流れ込みで魚の活性を上げてくれる要素、変化がある場所が重要です。

 

 

魚がトラウトがいない場所にルアーを投げてもヒット率は低下します。

 

釣り座・ポイントの選択は大切ですよ。

まとめ

 

従来のトラウトロッドでは、アタリがとれない、アジングロッドを使用することによって、アジングロッドの感度を利用して多くの手感度を感じて、しっかりアタリをあわせて、トラウトを掛けていく。

 

アジングロッドを使用したエリアトラウトは釣行しての感想は、感度が良い、アタリが多くわかり、楽しい。

 

あとは、ルアーの選択、釣り座、ポイントが重要です。

 

有意義な時間を大切にみなさんもエリアトラウトを楽しんでみてはどうでしょうか!

 

アジングロッド、トラウトロッドはもちろん、アウトドア、釣り用品が品揃い、一度、確認してみてください。


他の釣りも知りたい、勉強したいと思う方におすすめ釣り動画サービスあります。
詳しい記事を下に貼っておきます。確認してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事