渓流の流れるオートキャンプ場でデイソロキャンプを楽しむ

どうも、YUKIです

 

癒しを求めて渓流の水の音を楽しめる海に近いオートキャンプ場でデイソロキャンプに行って来ました!

 

 

焚き火台を中心に少しずつ、釣り具をメルカリ断捨離して集めてきたキャンプギアで楽しんできました。

 

 

キャンプギアを紹介しながらお伝えします。

 

渓流の流れるオートキャンプ場でデイソロキャンプを楽しむ

 

 

まず、キャンプ場についたらサイト選びをしてソロ用テントを張ります。

 

 

初心者の私は、まだ下手ですがなんとかテントを張る。

 

 

私が購入したソロキャンプ用テント、バンドックのテントです。

 

 

 

 

試行錯誤で初テント設営、ワンポールテントは楽ですね。

 

 

 

 

 

正直、言ってまだ、まだ、貼り方下手ですね。

 

 

初購入した人気のソロキャンプ用テント

 

 

 

色がカーキーで気にいっています。

 

 

デイキャンプを積み重ねて将来はこのソロテントでキャンプ泊に挑戦したいと思っています。

 

準備簡単、焚き火台はピコグリル398

 

 

 

購入して2回目のピコグリル、今回も火をおこしてステーキを焼きます。

 

 

 

前回の使用でピコグリルに味わい深い、色が付いています。使い込んでもっと味を出していきたい。

 

 

 

今回、わかる人はわかると思いますが台の向きが間違って使用していました。

 

 

 

正しくは、こうなんですよ(;^_^A

 

 

 

 

 

 

まだ、まだ、初心者です、薪の受け皿が間違っていたのでしっかり安定しなくて今回のキャンプは石で安定させていました。

 

 

 

次のピコグリル398を使用の際はもう、間違うことはないでしょうね。笑。

 

 

 

 

好きなところ

・組み立てが簡単

・収納サイズA4

・軽量コンパクト

・火付けの良さ・火力の維持

・調理のしやすさ

ピコグリル398の焚き火でヒロシ鉄板でステーキを焼く

こだわり
鉄板は厚さがあるほど食材が美味しく焼けるとのこと。

 

 

手軽にステーキが焚き火で焼けることが気に入っています!

 

焼き方は

鉄板を焚き火で温めて牛脂を乗せて、脂が広がってからステーキを焼く。

頃合いを見ながら牛肉をひっくり返して、焼き過ぎないように焼く。

余熱で十分な場合は焚き火から鉄板をどかす。

あとは、ナイフで切って鉄板そのままで食べるのが最高!

 

 

外で食べるステーキは最高に旨い。

 

 

無骨な感じが良い、焚き火の楽しみ方。

 

 

デカい!ワイルド!でもヘルシー!気分は100%アメリカン【ミートガイ】

 

 

 

高蛋白質を頂きました!

 

 

薪割はバトニングでやはり一生ものナイフはヘレナナイフにしてみた

 

正しい名はヘレ(HELL)ナイフ ディディガルガル

 

商品スペック

・サイズ:249mm

・刃長:129mm

・刃厚:3mm

・重量:193g

・ブレード:ステンレススチール

 

 

刃長・刃厚ともに十分なフルタングなので、強度は申し分ありません。もちろんバトニングにも心置きなく使うことができました。
細かい作業よりも力強さが求められる場面では心強いナイフですね。

 

 

 

 

落ちている木や枝を薪にする時に便利なノコギリがあります、私が使用しているノコギリを紹介しておきますね。
切れ味抜群です!

 

 

海での焚き火や海でのソロキャンプその際は流木を薪にする時も便利です。

 

 

 

渓流が流れるオートキャンプ場でデイキャンプを楽しんだ感想 まとめ

 

 

素人のはじめてのオートキャンプ場でデイソロキャンプ

 

 

要領の悪い、設営でもなんとか、ソロテントを張り、焚き火をして食材を調理する
十分、楽しいデイソロキャンプになりました。

 

 

水の流れる音、風が吹くと草木の揺れる音、癒されました。

 

 

 

やはり、ピコグリル398を使った焚き火が中心なデイソロキャンプ、色々、火を使って調理簡単。

 

 

 

 

 

 

そら豆も焚き火で焼いて食べると以外に旨い

 

 

焼いた、そら豆をメスティンで炊いたご飯に桜エビと合わせた一品も

 

 

 

 

エビも串に串にさして焚き火で焼いてみるとシンプルに旨い!

 

 

 

 

ソロキャンプは昼でも夜でも焚き火をして食う

 

 

 

それが単純に楽しいです。

 

 

 

次回はタープでデイソロキャンプを楽しんでみたいと思います!

 

 

 

キャンプ用品専門買取【JUST BUY】

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事