7月最高 暑い中のライトジギング
スポンサーリンク

ライトジギング

 YUKIです。

 7月も寝不足の中、

 ライトジギングに行ってきました。

 

 朝焼けも神秘的で綺麗でした・・

 

 最近の沖の様子ですと夏の海って感じで、トビウオも

 飛んでいるのを見かけます。

 

 海面は潮目にカモメが群がり、ベイトはシラスから

 カタクチイワシに青物の湧きが

 ちらほらと見受けられます。

 

 魚探の反応を見ながらのライトジギング

 スロージギングの釣行です。

 

 各ポイントにボートを走らせます。

 

 熱くなってきました。

 まずは、魚探の反応のある所から流してみます。

 底から5メートル上にベイトの反応があります。

 

 ライトジギングロッド(SP)タックルからスタートします。

 

 ジグは60グラムから開始です。

 

 着底後、ワンピッチジャークで何度か

 探りますが無反応です。

 

 

 

 反応がないので大きく移動します。今日は厳しいのかな・・・

 魚探の反応を探ります。底から中層まで、盛り上がっている

 ベイトの反応があるポイントに流せるように

ボートを立て直します。

 

 船長の合図で素早くジグを落とします。

 

 底潮が動いている為、

 ジグは、イワシカラーの100グラム使用。

 

着底してからワンピッチジャークで3巻きで、

 ヒットしました。

 

  根魚だと思いますがロッドを絞り込みます。

 上がってきたのは特大クロソイです。

 

 もう一度、同じポイントを流します。ベイトの反応が

 まだ、あります。

 

 きっと、カタクチイワシの反応だと思います。

 先ほどと同様に着底後、テンポ良く、ワンピッチジャーク

 バイトあり、鬼合わせを入れます。

 

 手ごたえがありました。

 ヒットです。

 

 ヒラメでした。おいしい魚です。晩御飯のおかずは、

 ヒラメの刺身だなと妄想してます。

 

 ベイトの反応を見ながら探って

 

 根魚、狙いの為、スロージギングロッドに変更します。

 

 魚探を見ると底にベイトの反応あります。

 

 投入、着底からワンピッチジャークで5回

 ストップ、スローなテンポでハンドル1/3回転、

 20から30センチのリトリーブで

 スロージグを真横に向けるイメージで

 スローピッチジャークを展開します

 

 2回程、同じ動作で繰り返すとグッーと

 重みを感じたとこでフッキングさせます。

 

 ゆっくり巻き上げて水面に顔をみせた

 魚はキジハタでした。

 

 

 このキジハタ、近所のスーパーでは中々、

 見ることが出来ない高級魚です。

 

 刺身、煮つけにすると旨い魚です。

 うちの子供達も薄ピンク色の白身の刺身が好きです。

 

 ポイントがずれたのでボートを再度、立て直して

 先ほどベイトの反応がある場所からボートを流します。

 

 投入して着底、ゆっくりハンドルを1秒間に1回という

 スローなテンポで巻き上げ来ます。

 

 底から5メートルほどの所でヒットします。

 先ほどのキジハタとは違う手ごたえ、

 ゆっくり巻き上げてくると

 赤い細長い魚体が見えてきました。

 

 ホウボウでした。

 このホウボウ、築地では高級魚と聞きます。

 

 こちら、新潟県の近海もので高級魚扱いされているかは、

 ち ょっと私もわかりませんが・・

 このホウボウの刺身が好きな

 釣友もいます。

 

 このホウボウ、砂地で歩いているよな感じ、

 泳いでるイメージがありますが

 いつも、底から上のところで、ヒットしてきます。

 まもなく、沖あがりの時間になります・・・

 魚探を見ながら、もう少しお土産を確保するために

 ベイトの反応がある場所を流します。

 

 ぽつぽつ、キジハタを釣ったところで、

 沖上がりの時間となりました。

 

 クーラーの中は、こんな感じになりました。

 

 今回の魚種はクロソイ、キジハタ、イナダ、ヒラメ、ホウボウ

 おいしい、白身の高級魚が釣れました。

 

 自宅に戻り、へたくそですがなんとか、

 ヒラメ、キジハタの刺身を晩御飯のおかずの為に

 調理してみました。

 

    こちらがヒラメの刺身

見栄えは、悪いですが3人の子供たちは美味しそうに食べてくれます。

また、ライトジギングに行ってきます。

 

スポンサーリンク
関連キーワード
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事