これで簡単にアジング プランクトンパターンを攻略できる
スポンサーリンク

どうも、お久しぶりの投稿となってしまいました!

 

 

本業の介護の仕事が夜勤ばかりでなかなか中年オヤジには厳しい現実で釣りに対する
意識が薄らいでましたが春になるとうずうずしていましたよ♪

 

 

さて、最近、3月から4月に入りアジングの情報、ギガアジ、尺アジが釣れてる
情報が飛び交っていましてずっと気になっていました。

 

 

釣り具屋さんの情報など聞くとプランクトンパターン、アミパターンなどのキーワードを聞くことが・・・・
もっぱら、私のスタイルは春のベイトパターンのアジングでした。

 

 

しかし、アジがベイトを追わず、プランクトン、アミをメインに捕食していると数年前から知っていましたが
まさか、新潟県のアジングもプランクトンパターン、アミパターン攻略ではないと釣果に差が出ると聞きまして今年度初のアジングに行って来ました。

 

 

アジング プランクトンパターン、アミパターンを体験し攻略について今回は進めていきます。

 

これで簡単にアジング プランクトンパターンを攻略できる

 

 

アジング プランクトンパターンとは、なんぞや?

 

アジが餌としてプランクトンを捕食

胃の中の内容物を調べるとアミが入っているいわるゆる、アミパターン

最近のアジはベイトではなくて、カタクチイワシや稚鮎ではなくてプランクトンを捕食をしている。
プランクトンをメインに捕食してる中でもアミを中心に捕食している。

 

これが繰り返しなりますがアミパターン

 

 

いわるゆる、今までのアジングと釣り方が異なるというのだ!

 

プランクトンパターンタックル

 

 

いつものアジングロッドと変わりませんが何かが違う・・・

 

私のアジングタックル

■ロッド

34 PSR-60

■リール

シマノ2000番

■ライン

バリバス アジングマスター エステル0.4号

■ショックリーダー

モーリス ラインライトゲームショックリーダー0.8b号

■ジグヘッド

34 ゼログラヘッド

1g、1.3g

■ワーム

34オクトパス
34プランクトン

34のゼログラが従来のアジング用ジクヘッドとの違いはヘッドの鉛の部分に樹枝が厚めにコーティングされていて海中の中で浮力を持たせステイさせる事ができる設計になっている。

 

 

プランクトンが海中の中で漂ってるイメージ

 

 

スローフォールが可能になったジグヘッドが34ゼログラ

スポンサーリンク

プランクトンパターンの釣り方

プランクトンパターン攻略

キャストして軽くラインテンションを張るだけでレンジキープが可能。

 

深いレンジに入れたい場合は、フリーフォールで落とすと従来のジクヘッドより
多少遅くフォールする程度で同じように狙いのレンジに投入する事ができる。

 

テンションを掛けると直ぐに横に水平移動します。

 

レンジキープできるため今までのロッドワークでレンジキープする作業がいりません。

 

チョースローでさびく程度でOK

 

ロッドアクションするとすぐに浮き上がってしまいます。

 

糸ふけは追従するようにゆっくりリールを巻き回収るだけでOK

 

アタリがあったら軽く合わせるだけでOK

 

アクションをすると釣れません。

 

カウントでレンジを決めてロッドでテンションをかけてレンジキープだけ。

 

ぜひ、試してみてください。

ほんとにアクションせずに、レンジキープでゼログラごと丸呑みするほど食いが良いですよ。

 

 

 

 

 

尺アジ釣れてしまいます!

 

 

 

相変わらず、私の好きな釣り場は時合が短いです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

 

 

とにかく、すきな釣り場でプランクトンパターンを試してみてください!

 

 

もう一度、おさらいすると

 

アジング プランクトンパターン

34ゼログラを使用して決めたカウントでレンジキープ

一切、アクションをせず、レンジキープでアタリを待ちましょう!

ポイントに合わせてゼログラの重さを変えましょう。

水深、飛距離に合わせて、各グラム数あると便利です。

ゼログラを飲み込んでることが多いです。

針外しがあると便利ですよ。

 

ぜひ、好きなフィールドでアジング、プランクトンパターン、アミパターンを攻略して、尺アジ、ギガアジを釣ってください!

 

 

アジのたたき、最高でした!

 

 

 

また、仕事の合い間に行って来ます!

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事