【晩秋】漁港の常夜灯周りでナイトアジング
スポンサーリンク

どうも、新潟中越地区の海釣りYUKIです。

11月になり、寒くなりましたね。

夜間の釣りは防寒対策をして風引かないようにしましょう。

久しぶりにナイトアジングに行ってきました。

漁港の常夜灯周辺でアジング

漁港の常夜灯周辺、明暗の境や沖の光があたっている所を重点に探りました。
何回か撃ちますがアジの反応はありません。

 

ライズや水面のモジりもありません。
ベイトの姿もありません。

 

非常に厳しそうです。

 

スポンサーリンク

ナイトアジングタックル

ナイトアジングタックル

■ロッド

34-PSR60

■リール

シマノ2000番

■ライン

フロロカーボン0.5号

■ジグヘッド

34オクトパス

■ワーム

34ジュニア各種カラー

◆その他アイテム
・ヘッドライト
・ウエストバッグ
・ライフジャケット
・ハサミ
・ワームケース
・ジグヘッドケース
・ガーグリップ
・水くみバッカンロッドホルダー付き

◆防寒対策
・ニット帽
・インナーヒートテック上下
・上下レインウェア―
・フリース

寒さ対策にネオプレーンのウェーダーを
履く場合がございます。

スポンサーリンク

釣り方

釣り方

【今回は漁港の常夜灯周辺編】

・常夜灯の明暗へキャストして着底させて、
サビいてくる。

・キャストして3カウントして上下に細かくゆっくり
軽くアクションさせる。

・キャストしてゆっくりただ巻き。

スポンサーリンク

ナイトアジングを振り返って


今回の晩秋の漁港、常夜灯周辺のナイトアジングを展開してきましたがとにかく、寒くてたまりません。
春の早朝のアジングと違い群れも型も小さく、回遊と釣れるタイミングが分からず苦戦。

 

なんとか、2匹はナイトアジングで釣ることが出来ました。

 

 

まだ、水温も高いのでシーバス釣行と並行してナイトアジングも防寒対策をしっかり行い楽しみたいと思います。



スポンサーリンク
関連キーワード
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事