豆アジングのジグヘッドを更に極豆アジング用ジグヘッドで釣行
スポンサーリンク

どうも、新潟中越地区の海釣り、YUKIです。

 

 

 

夏から初秋に多い豆アジをアジングで狙ってきました。

 

 

 

更に小さい極豆アジが釣りたくて最近発売になった極豆用ジグヘッドを使用しての釣行記です。

 

 

 

常夜灯のある漁港です。

 

 

 

豆アジングのジグヘッドの更に極豆アジング用ジクヘッド釣行

 

 

 

夏から初秋に多い漁港にいっぱいいる豆アジ、極豆アジをサビキではなく、アジング釣ってみたいと思い、常夜灯のあるお手軽なナイト釣行です。

 

 

 

常夜灯周りの光によったプランクトンを捕食しているだろう豆アジなんていうべからず、極豆アジくん

 

 

 

 

手ごわいやつです!

 

 

 

スポンサーリンク

豆アジ・極豆アジタックル紹介

タックル紹介

ロッド

・34 PSR-60

リール

・シマノ2000番

ライン

・フロロカーボン

0.3号

ジグヘッド

・34 小豆ちゃん0.4.0.6g

ワーム

・34 プランクトン

・34 ジュニア

釣り具買取はこちら
釣り用品専門買取【JUST BUY】

豆アジング開始、常夜灯周辺をチェックします。

 

 

 

水深が浅いのでカウント3~5です。

 

 

 

ゆっくり巻くとコツコツとアタリがあります。

 

 

 

ワームは34ジュニアです。

 

 

 

吸い込みが弱くつれないのでワーム交代です。

 

 

 

ジグヘッドも34小豆ちゃん仕様でワームは34のブランクトンです。

 

 

 

キャストしてカウント3でステイします。

 

 

 

こつっと繊細なアタリと吸い込み

 

 

釣れました・・・・

 

 

 

極豆アジ

 

 

 

 

 

豆アジングではなく、極豆アジングです。

 

 

 

簡単に釣れません

 

 

 

繊細な極豆アジングタックルの必要性を感じました。

 

 

 

5匹程度、釣れましたがすぐにスレてしまいアタリが遠のき、納竿。

 

 

 

スポンサーリンク

豆アジ・極豆アジング釣行・まとめ

 

 

今回の豆アジより小さい極豆アジング

 

 

 

極豆アジ、常夜灯にあつまるプランクトンを捕食している
キャストしてカウント3~5

 

 

 

しゃくったり、巻いたりせずに、決めたカウントで漂わす感じでステイしていると
しっかりしたアタリが出る事がわかりました。

 

 

 

 

次回は各方面の常夜灯がある漁港で秋のアジングを楽しみたいと思います。

 

 

 

 

 

釣り具買取おすすめ
釣り用品専門買取【JUST BUY】

スポンサーリンク
関連キーワード
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事