豆アジング釣行
スポンサーリンク

YUKIです。

だいぶ、薄ら禿げてきました。

さて、七夕の土砂降りの夜に息子と豆アジングに行って参りました。

夕飯を済ませて、20時出発で出雲崎方面に向かいました。

七夕、豆アジング釣行

今回は息子のアジングタックルを揃えて、息子にとっては初アジングとなります。今までは私のロッドを借りて、セイゴゲームを楽しんでいた状況でした。

 

息子のタックル紹介

  1. ロッド シマノ ソアレBB S604LS
  2. リール シマノBB C2000PGSS
  3. ライン アジングマスター0.5号
  4. ジクヘッド 34ザ豆0.7号
  5. ワーム34 Jr うみほたる.ふよう.あめいろ.にじ

私のタックル紹介

  1. ロッド 34 PSR-60
  2. リール シマノ12カーディフCI4+C2000HGS
  3. ライン アジングマスター0.5号
  4. ジクヘッド ザ豆0.7g
  5. ガーグリップ
  6. アジング用バッグ
  7. 小型クーラー
  8. ヘッドライト
  9. ワームは34Jr にじ.うみほたる.ふよう.めろん

今回はとりあえず、豆アジの状況を確認するために出雲崎漁港に来ました。息子と二人でキャストして豆アジのチェックをします。

 

ワームは二人共、34のJrにじです。

雨の中、探ります。

 

しかし、アジの反応なし

フグは悠遊数匹、泳いでいます。

せっかくの倅とのアジング、反応のないところを粘っても仕方ないので見切りをつけて寺泊方面に移動する事にしました。

寺泊港に到着、雨は今夜はやむ気配がありません。

 

最初の常夜灯周りをチェックしますが小さいベイトは目で確認できました。豆アジの姿も見られます。

 

数投、キャストしましたがノーバイト

先ほどいた、豆アジはいつの間にか居なくなりました。

 

水深のある奥の常夜灯周辺へ移動しました。水色は川の影響で濁っています。動物性プランクトンが発生しこれは、豆アジが寄っているに違いないと確信しました。

 

息子がキャストしてみるとファーストキャストでアタリがあるよと言っています。間違いなく、豆アジがいる・・・

 

次のキャストで息子が豆アジをヒットさせました。

初アジング、初アジとなります。

34のザ豆、このジグヘッド豆アジのショートバイトを明確に吸い込みに導いてくれます。

私もコンスタントに豆アジサイズ~小アジサイズの数を伸ばしていきます。小気味よいアジのひきを息子も楽しんでいます。

ガーグリップでホールド、優れものです。

地合いだったのかコンスタント釣れていた豆アジのアタリは遠のき、丁度、風も強くなったところで納竿としました。

 

今回の豆アジングの釣果はこんな、感じです。

スポンサーリンク

まとめ

今回の豆アジング釣行はキャストしてカウント3でのアタリがほとんどでした。川の濁りが入っていたせいか、ワーム色は夜光系を多用しての釣果でした。初アジングの息子が楽しいと言っていたので良かったと思います。次回は息子とシーバス狙いです。

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事