2018.8.25 シーバス釣行
スポンサーリンク

どうも、新潟中越地区の海釣り YUKIです。

 

薄らハゲを気にしながらも

息子とシーバスを狙いに柏崎方面のサーフに3時起床

 

3:30出発で行って参りました。

初秋のシーバスを求めて

台風の影響もあり、現場のサーフの波の様子をチェックしますがそれ程、波は高くなく、穏やかな様子。

 

時々、うねりが押し寄せるやわらかな波

 

夜明け前の波の高くなる前にサーフに立ち、サラシが出た状況で

シーバスが浅瀬に指してくると予想しての釣行。

 

今回のシーバスタックル

私のタックル

  1. ロッド リップルフィッシャー810Flows(カスタム)
  2. リール シマノ ステラ4000XG
  3. ラインPE1.2号
  4. リーダー25lb(フロロカーボン)
  5. ルアー シマノ エクスセンスCOO130F
  6. シマノ レスポンダー109F
  7. デュエルハードコアミノー130F

 

息子のタックル

  1. ロッド エクスセンス S900MH/Rワイルドコンタクト
  2. リール ダイワ ブランジーノ3000
  3. ラインPE1.5号
  4. リーダー25lb
  5. ルアー シマノ レスポンダー109F
  6. アイマ コモモ125F

 

夜明け曇り空

段々とうねりが出てシーバスの活性も⤴・・

息子と砂が盛り上がっている所、砂利が出ている所、ゴミが多く打ち上げられている所を重点に潮流のあるところを打っています。

色々と考えながらルアーローテーションを繰り返します。

 

ここのサーフは、浅場の岩礁帯なので潜行水深30~50㎝までの

ミノーを中心に使用しています。

 

うねりと波が高くなってきたのでサラシが発生しました。

サラシ打ちに変更して泳ぎを重点にミノーをセレクトしていきます。

 

私と息子の距離は20m間隔をあけてのシーバスフィッシング

息子の様子がおかしいです。

 

あっ・・と声が聞こえました・・・

 

大きな声でシーバス バレたと伝えに来ました。

 

波打ち際で、シーバスがエラ洗いしたことがわかったと興奮気味に伝えてくれました。

残念ながらフックアウト!

ヒットルアーはこちら
シマノ/SHIMANO エクスセンス レスポンダー 109F X AR-C XM-S19P 10T/レンズパールチャート


気を取り直して息子とサラシ、潮流の変化のあるところを丁寧に探っていきました。

 

しかし、その後、シーバスはヒットしませんでした。

 

台風の影響で波の高い、大きなウネリが発生してきたので

身の危険を感じてきたので7:00で納竿としました。

今回、使用したルアー達

今年度中になんとか、息子にシーバスを釣らせたいので

これからの秋、サヨリパターンで狙っていきたいと思います。

また、シーバスフィッシング行って来ます。

 

私が使用している高感度ロッドはこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事