5.23アジング釣行
スポンサーリンク

どうも、薄ら禿だけど散髪しなければいけない

YUKIです。早番深夜勤務、準夜勤と続いる中、準夜勤前の深夜から、

アジングに行って来ました。

新潟県中越地区のアジング釣行

今年度、2回目のアジングです。干潮時に小磯に乗りました。深夜、2時です。とにかく東の風が冷たいです。

 

海水温度15.8℃ようやく、16℃近くまで上昇してきました。

 

おそらく、時合いは空がしらしらし始める頃、アジの回遊が始まると予想しています。一緒に同行してくれた釣友が最初にアジを釣りました。

 

時間でいうと深夜3:30頃、良型のアジの釣りあげました。いつも感じる事は暗いうちに釣れるアジは大きいと感じます。日が昇るに連れてサイズが小さくなってるようにも思います。あとは回遊する群れの個体の違いだと思いますが・・

 

釣友は連続で釣りあげていますが私には全く、アタリがありません。

 

何故だろう・・・・

 

理由がわからないまま、ようやく夜明け前の1匹が釣れました。


 

着底してラインスラッグを取り2回程のシェイク後のデッドスローでヒットしました。

 

やはり、今回も底です。

 

続けて2匹、同じパターンで釣りました。

 

夜が明けてきました。そろそろ時合終了です。


沖に潮目が見えます。そこにはきっとカタクチイワシが溜まり、食物連鎖が行われていると思います。ワラサ・スズキ・マダイが捕食していると思われます。

 


 

ここまで明るくなるとアジの地合いおわり。

 

最後にワームを数種類交換して探ります。

 

ラストにカタクチが追われて魚の気配、そこにワームをキャスト

 

ヒット、ヒット

一匹追加して終了です。

 

 

スポンサーリンク

今回の釣果

 

4匹で終了、最大32.5㎝

 

 

先週に比べるとサイズが小さくなっている・・・

 


 

なかなか数釣りが出来ない現実があります。

 

スポンサーリンク

アジング釣行まとめ

 

ロッド 34 PSR-60

リール シマノ CI4カーディフ2000HGS

ライン バリバス アジングマスター0.3号

ジグベッド 34ストリームヘッド0.8号、1.0号

ワーム 34 オクトパス もも、Jr うみほたる

釣友は合計8匹、YUKI 4匹

私との差、ジグヘッドの重さ、私は1.0g 釣友1.3g

 

このジグヘッドの重さ、底にアジがいるとなると今回は着底が速い方が釣果に結び付く結果となりました。

また、行って来ます。今回の釣行のヒントに更なる発見があるかもしれません。

私のロッドはこちらになります。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事