春の海は紫外線が強いよ!日焼け対策してる?

春の紫外線が一番キケン!?

だんだんと春の兆しを感じる事が増えてきた時季

春の紫外線量が急激に増えるシーズン、海に釣りに行けば尚更ですよ!

 

春の紫外線対策はしていますか?

春のこそ最も紫外線対策に注意が必要な時季だと知っていましたか?

春の海で釣りをしていると夏以上に日焼けしてしまいます。

春の紫外線量は真夏に負けないほど強力なんです!

 

エネルギーがとっても強く肌の表面に作用するため、赤くなったり黒くなる原因!


紫外線には、UVBとUVAの2種類がある。一般的に日焼けと呼ばれるもの全紫外線の約10%を

占め、UVAの仕業。一方のUV-Aは、紫外線の残り約95%を占めるのでエネルギー自体はさほど強くありません。

肌の奥の真皮層まで到達すると考えられ、ハリや弾力のもとになる。

 

細胞組織を破壊します。メラニン色素を増やしシミの原因になると言われてます。

 

春のUVケア5つのポイント

 

覚えておきたい5つのポイント

1.室内でも日焼け止めを塗る

UVAは肌の奥深くまで浸透して真皮膚の細胞を壊して肌の老化をさせてしまう
性質を持つので、外出する際は必ず日焼け止め塗る事が大切!
UVAは曇りやガラスなど浸過してしまうのでたとえ曇っているからと
安心できません。曇りでも室内でもSPFが軽めの日焼け止めを
塗りましょう。

2.日焼け止めアイテムを使い分ける

日焼け止めの中でも紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類あることを
知ってましたか?紫外線吸収剤による日焼け止めは、日焼け防止の数値や効果が
高いことで広く普及しています。

3.SPFは15~25程度で!

日焼け止めに表記されている、SPFはUVBに対する防御の数値
PAはUVAを防ぐレベルを+で表したものです。
春に気を付けたい紫外線はUVAなので意識すべきはPAのレベル
普段使いであればPA++程度、長時間外出する場合、もちろん
海釣りしている場合はPA+++くらいのものが望ましい。
春に使うSPF値は15~25くらいで十分と言います。

4.日焼けグッズを忘れずに

塗って紫外線を防ぐケアも大切ですが長い時間、海にいるような場合
帽子、サングラスも合わせて使うのが紫外線ケアの上級者。
腕や首周りもなどもグッズを使って防止しましょう。

5.紫外線を浴びたお肌には徹底保湿を

紫外線を浴びたお肌はとてもデリケート。顔と同様に身体にも水分を
しっかり与える。与えた水分を逃がさない様にクリームや
オイルでふたをしましょう。

 


保湿成分の浸透を助けてくれるジェルの使用がおススメ。

一年の中で最も強くUVAが降り注ぐこの時季だからこそ、念入りな紫外線対策が大切です。

本格的な夏の紫外線ダメージを少しでも減らしておくために、春の紫外線ケアを

習慣づけましょう!

 

海でも焼かない

【 海でも焼かない 】にとにかくこだわった日焼け止めジェル。

SPF50+、PA++++、ウォータープルーフ
と日焼け止めスペックはもちろんマックスの値となっております。

一般のウォータープルーフ日焼け止めよりも最新技術を駆使し、
水に非常に強い商品を開発しました。

一般的な日焼け止めは界面活性剤で乳化させています。
その場合は一度なじんだ成分が水で<再乳化>して、肌から流れ落ちてしまいます。
しかし、NALC PERFECT UV PROTECTは、""三相乳化法""により
界面活性剤を使わずに日焼け止めを製造しているため

再乳化しずらく、水で流れ落ちる事がありません。

<夏でもアクティブに外に出たいけれど、日に焼けたくないすべての男女>
に向けて自信を持ってオススメ致します。

SPF50+なんと! PA+++でなくてPA++++



関連キーワード
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事