【初冬】産卵前のメバルプラッキングナイトゲーム釣行
スポンサーリンク

どうも、新潟中越地区海釣り YUKIです。

ハタハタパターンシーバスやら釣具店のシーバスダービーが
盛り上がる中、産卵前の良型メバル回遊を信じて
シーバスで盛り上がるポイントに
メバルプラッキングナイトゲームに
11月下旬、挑戦してきました。

プラグを使ったメバルゲームに行ってきました!

大型が期待できる12月~1月産卵シーズン

沖に出ていた大型のメバルが海水温が下がると産卵の為に接岸してきます。

その産卵前の大型メバルをメバル用プラグで狙います。
ベイトというとカタクチイワシやエビ等、主に使用するルアーは、
シンキングペンシル中心でメバルプラグゲームを展開します。


メバルプラグゲームタックル

◆ロッド

ブリーデン グラマーズロックフィッシュ PEspecial93

◆リール

シマノ ツインパワーC3000

◆ライン

PE0.5号

◆ショックリーダー

フロロカーボン1.7号

◆ルアー

メバカーム
シンキングペンシルがメイン

ポイントと釣り方
◇ポイント
・岩礁帯の海藻帯・潮が巻いてるところ・夜間は常夜灯周辺・小磯周辺・テトラ帯の沈み根

〇釣り方

根や海藻帯の流れがある場所にきキャストしてゆっくり巻いてくる

スポンサーリンク

実釣記録


実績のあるポイントを攻めて、ランガンで岩礁帯、岩盤、海草帯とキャストして探りますがノーバイト

過去に春先の釣果で30㎝ジャストをこのシンキングペンシルで
実績があります。


まだ、メバルの接岸は早かったようです。ベイトの気配なく
今回の釣行は3時間でした。

また、凪の日に挑戦したいと思います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事