海に行けない時の過ごし方②
スポンサーリンク

海に行けない時の過ごし方

 2月27日、仲間に誘われて五頭フィシングパークに行って来ました。 10年ぶりの管理釣り場の釣りとなります。

 

 トラウトロッドを一本持参して、それなりの各カラーの重さのス プーン、トラウト用ミノー、クランクベイトを持っていきそんなに 甘くないだろうと思いながら雪山が見える、景色を楽しみながら、

 車は五頭へと向かっていきます。

  五頭フイッシングパーク 

  マス釣り場

   ルアー&フライ

スポンサーリンク

放流魚種

 レインボートラウト

 スチールヘッド

 イワナ

 ジャガートラウト

 ブラントラウト

 ドナルドソントラウト

 イトウ

 サクラマス

ご利用料金  券種 半日券8:30~13:00 13:00~ラスト 料金3000円 お持ち帰り尾数10匹まで。 魚のお持ち帰りはニジマス、ドナルドソン、ロックサーモンのみ、うち40センチ以上は1尾のみとさせて頂きます。詳しくは、ホームページで確認してください。

 

  五頭フィッシングパークの到着時の風景です。

 釣り開始前の管理池の様子

 現地、到着は6:30くらいでした。

 釣り開始は8:30です。

 常連客の方と軽く、あいさつを済ませて

 談笑の中で情報収集をします。

 昨日は、日曜日もあり、激混みの中

 釣果は厳しかったようです。

 しかし、半日で40~50匹釣られる

 エキスパートの方もいられるようです。

 

 朝焼けも綺麗でした。

  ようやく、8:00になりました。

  半日券を購入して先着順に好きなポジションで

  釣り開始を待ちます。

  釣り開始となりました、2グラム以上の

  スプーンから開始しました。

  • グリーン
  • ゴールド
  • ピンク
  • レッド
  • グリーン+ゴールド
  • チャート

 

  ローテーションして最初の一匹目

  3グラムゴールドのスプーンで掛けました

 その後、釣れない沈黙の時間が流れます。

 常連さんは100以上のスプーンを

 ローテーションしていました。

 やはり、引き出しの差が出てしまいます

 黄緑のスプーンで型は小さいですが6匹の

 レインボートラウトを釣った時には正午を

 過ぎていしまいました。

スポンサーリンク

まとめ

  1. 海釣り出来ない時の過ごし方として管理釣り場もアリ。
  2. スレに負けないルアーの引き出しが必要。
  3. やはり、ロッド、ライン、ルアーの差
  4. 考えながらの釣りの奥深さを学んだ管理釣り場でした。

 

 

 私もトラウトワンエリアスペシャルシリーズを使用しています。

3月は海が凪ぎの日は プラグでメバルを狙いたいと思います。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事