【激渋】2021年2回目2馬力ゴムボートエギング釣行

どうも、YUKIです。

 

みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

 

今年は、アオリイカの個体数が少ない、数釣れない、渋い

 

色々な情報が飛び交っている中、今年度、2回目の2馬力ゴムボートエギングに行って来ました!

 

とにかく、澄潮の激渋、幻のアオリイカ

 

そんな、簡単な釣行記をお伝えしますね。

【激渋】2021年2回目2馬力ゴムボートエギング釣行

 

今回は、施設の同僚と2馬力ゴムボートエギングです。

 

相方の用事を済ませてからの現地集合です。

 

先に私だけ7:00現地集合で2馬力ゴムボートエギングのタックルを車から一人で降ろして、一人で2馬力ゴムボートを準備しました。

 

相方が到着、8:40

 

相方と2馬力ゴムボートを二人でもって、波打ち際に浮かべて、急いでボートにロッド、タックルボックス、ロッド他を所定の位置にセッティング。

 

いざ、出船9:15

 

べた凪、澄潮

 

前回の釣行は、青物の活性が高い、朝方は全くダメでした。

 

日が昇って昼前の時間帯からアオリイカの活性が上がり、ぽつぽつと釣れました。

 

今回もこんな調子で拾い釣りが出来たらと考えての2馬力ゴムボートエギング釣行です!

 

2馬力ゴムボートエギングタックル紹介

 

2馬力ゴムボートエギングタックル

■ロッド

バレーヒルレトロマテック
RMS-64S

■リール

シマノ3000番

■ライン

PE0.6号

■ショックリーダー

フロロカーボン1.7号

■エギ

ヤマシタエギ
各種2.5号
カラーは赤テープ
金テープをメイン使用。

エギは2.5号のみで糸錘を巻いて調整
潮の速さに合わせて追加糸錘をします。

2馬力ゴムボートエギング釣行まとめ

今回の2馬力ゴムボートエギング釣行は、水深10~15メートルまで探りました。

 

岩礁帯や海藻帯、かけ上がりも色々と流しました。

 

澄潮で水深7メートルから10メートルは底が見える激澄潮

 

ベイト姿は魚探にも映らず。

 

唯一、一杯アオリイカが釣れた水深は12メートル、底が見えない水深からの結果です。

 

底が見えない水深のところからもっと、深場をテイップランボートエギングで攻めていた方がもしかしたら、
釣果が伸びたかも知れません。

 

相方はぼーずでした。

 

他、釣果はエギ赤テープにアタックしてくるキジハタとイイダコのみ。

 

 

次回は10月の落ち深場のテイップランボートエギングで挑戦したいと思っています!

 

エギング、ボートエギングをもっと勉強したい方、こちらをおすすめ、多種多様な釣りを楽しめますよ!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事