【秋本番】 ティップランボートエギング
スポンサーリンク

新潟県中越地区の海釣り どうもYUKIです。

 

仲間のプレジャーボートに乗せてもらい、ティップランボートエギング

 

水温も23℃ 終盤戦のボートエギング釣行となりました。

 

さて、アオリイカ釣れてくれるかな・・・・・

 

10月終盤戦のティップランボートエギング

 

とても米山が綺麗に見える柏崎沖、深夜帯の強風の影響もあり、海峡はうねり波が残っている状況。

 

水深15メートルから流しながら、ボートエギングスタート

 

 

全くアオリイカの反応なし。

 

ボートは少し沖に移動します。

 

 

今回のタックル紹介
  • ロッド バレーヒル62
  • リール シマノ3000番
  • ラインPE0.6号
  • ショックリーダー フロロカーボン1.7号
  • エギ ティップラン専用エギ3.5号各種。

 

ボートは水深18メートルに移動してきました。

 

 

ベイトの反応も魚探に映ります。陸から狙う、アオリイカは、ベイトの動向が重要だと言われてます。

 

しかし、沖はベイトより沖の海底の根回りにアオリイカが付くと云われています。

 

 

地形を意識しながらボートを流してアオリイカのイカパンチを待ちます。

すると、触腕で突いてる感じがわかり、すかさず乗せます。

 

待望の一杯( ^ω^)・・・

 

あ、画像を取るの忘れてしまいました。

 

 

何故かと云うと釣れたてのアオリイカをハサミで捌いて足と胴を切り離して腸、墨袋を洗い流して持ち帰ると決めていました。

 

その後、追加で一杯。仲間は3杯でした。

 

 

今回、私が使用してアオリイカを釣ったエギはこちらになります・・
ダイワ エメラルダスボートRV 3.5号30g (ティップランエギング エギ)

 

今回はゆっくり便でスタート

後半戦は風強く、13:00で終了

 

ハサミで捌いた結果、鮮度抜群。手間いらず。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事