冬の寒ブリジギング
201609161049
スポンサーリンク

冬の日本海はなかなか、乗合船
特に冬のブリジギングでの乗船はなかなかできません。

船が出せたらもうけもん。

新潟県の冬のブリジギングは上越の船宿さんに
お願いして出してもらうことがほとんどです。

ましてや、私の新潟県中越地区より、
冬の上越のブリ捕獲率は高いわけです。

寒ブリとは

冬型の気圧配置が強まる11月中旬頃から日本海を南下する脂の乗った天然の鰤を意味します。
冬期間しか味わう事の出来ない貴重なブリは、他の季節に捕れるブリと全く違った特別な旨さです。

ブリを狙うためのアクション

 イナダは、ハイピッチジャークやジャカジャカ巻きなどの

 スピードのあるジャークが有効です

 

 

 ブリクラスになると比較的スローから

 ミディアムテンポのスピード、ロングジャーク

 有効なことが多くなります。

スローロングジャーク

 ブリやワラサを狙うのであれば、スローロングジャークのみで誘うのも一つの方法です。

大きくしゃくりあげるような感じのアクションを付けます。

 魚探の反応にもよるのですが、ブリ狙いでは底から20mまでを徹 底的にスロージャークするのが良いようです。

 ブリはフォール中のアタリを除けば、着底から

 2シャクリまでにドシンと重いアタリがあると感じています。

 青空満天レストランで富山の寒ブリの放送を見たら

 なんだか、昔、上越まで晩秋から冬にかけて

 ブリジギングに行ったことが懐かしくて、寒ブリにふれてみたく なりました。

 

 私が昔、使用していた、

 ブリジギングロッドは・・・・・・

 ダイワ ソルティガヒラマサ60

 リール シマノ ステラ8000HG

 ライン PE2.5~3号

 リーダーフロロカーボン50ポンド

メタルジグは150~250g

 水深120メートルでのブリジギング

 20代~30代前半は疲れ知らずでしゃくりましたが

 40代のオジサンにはかなりハードな釣りに

 懐かしく思いました。((´∀`*))ヶラヶラ

 かなりハードな筋力トレーニングです。

 

 若い体力のある方は、上越から乗合船乗って

 ブリジギングでもどうでしょうか?(* ´艸`)クスクス

 

スポンサーリンク
関連キーワード
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事