おすすめ! パワーミニイソメでキス釣りに行こう
スポンサーリンク

YUKIです。梅雨時期じめじめ、いかがお過ごしでしょうか?

 

新潟県中越地区の沿岸部、夏といえば広いサーフでのキス釣りが盛んです。

 

柏崎~寺泊方面のサーフでキス釣りが好調です。

チョイ投げ釣り、本格的な遠投してのキス釣りを楽しまれていると思います。

 

ジャリメを餌にしてのキス釣りはちょっと苦手、無理という方にお勧めのキス釣りを紹介したいと思います。

パワーミニイソメを使用してのキス釣りの紹介

パワーミニイソメは釣り餌メーカーであるマルキューから出ている商品です。イソメの形をしたソルトルアーになります。

生分解性なので地球にやさしい

小粒でもしっかり誘える実力派

頭部は太くボリュームがあり、尻尾は細めで水を受けるとよく動く形状。小粒でも、魚の食い気を強く刺激します。

そのまま一本で使うのはもちろん、小型の魚を狙うとき、くびれ部分から切ると吸い込みやすさがアップ。

入門者から上級者まで使いやすいアイテムです。

 

今回、紹介するキス釣りはキスタックル・キャロライナリグ

キャロライナリグとは、バレットシンカーと呼ばれる中通しオモリをラインに通してストッパーにもなりラインのよれを軽減するサルカンに一本針仕掛けを結んだもの。

 

キスタックル・キャロライナリグの材料

  • パワーミニイソメ
  • バレットシンカー
  • サルカン
  • ハリス0.8号
  • キス針

現場に行って仕掛けを作るとこんな感じになります。

キス針にワームを指します。

この針にワームをカットして指します。

スポンサーリンク

キスタックル・キャロライナリグ

  • ロッド シーバスかメバルロッド7~8ft私はテンヤ真鯛ロッド代用。
  • ラインはPE0.5号+フロロリーダー2号50㎝
  • リール小型スピニングリール
  • ハリス0.8号40㎝
  • サルカン
  • バレットシンカー3~4g
  • ハリ=キス針7号

 

スポンサーリンク

基本テクニックはストップ&ゴー

タックルをセットしたら、まず沖に向かってフルキャストする。シンカーを着底させたら、まずはズルズルと引きずる。

 

引き抵抗が大きくなるところがカケアガリであり、そこがキスのポイントとなる。キスは基本的に日中に狙えるが特に早朝と夕方に時合がよく、釣りやすい時間帯が訪れる。日差しが強い時間帯は少し沖へと離れる傾向です。

キャロライナリグのワームアクション

基本アクションはボトムでのストップ&ゴー50㎝ほど引きずって2秒ほどストップ。このストップの時にアタリが出る。

 

アタリは竿先にプルプルと伝わる。

アタリが出れば即合わせ。

ぜひ、みなさんもパワーミニイソメでキス釣りに挑戦しては如何でしょうか?

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事