2017ライトジギング釣行
スポンサーリンク

2017年のライトジギング開始です!
さて、釣果は如何に!

今年、初 ライトジギング

 YUKIです。準夜勤16:00から0:30まで仕事をして、

 一睡もせずにボートに乗せてもらいましたよ。

 

 この寝不足がかなり毛根に悪いのはわかってます。

 

 40代寝不足、中年オヤジ

 私の薄ら禿具合は、どうでもよい話ですよね・・

 

スポンサーリンク

 今回はのタックルはスロージギングロッド

ジグウェイトベスト180グラム

 最大230グラム可能。

 

 ベイトジギングリール1500番クラス

 ラインPE1.5号

 リーダーフロロカーボン25ポンド3ヒロ

 ジグはスロージギング用

ジグ99~200グラムまでを用意しました。

 

 フックスロージギング用1/0から2/0 .3/0

  穴明き18号~20号

 

 スピニングタックル ライトジギングロッド

 ジグウエィト150グラムまで。

 

 ラインPE0.6号 

リーダーフロロカーボン25ボンド2ヒロ

 ジグ 各種。フック アシストフック2/0から3/0。

 タックルはこんな感じです。

 

 海上の風は、予報と若干違う感じ、

 波もこの時期、予報通りでは、ないこともあります。

 

 海上はこんな感じですね。晴天です。

 

 各ポイントに行き、魚探でベイトの反応を見ます。

 なかなか、ベイトが溜まっている所がない状況ですね。

 根にアジが付いていない。

 

 それほどカタクチイワシが溜まっている

 場所、状況ではない様です。

 

 せっかく、来たのだから、ライトジギング開始

 ジグは60グラムを使用しています

 

 着底確認して、ワンピッチジャークで

 底から10メートルまでシャクリあげます。

 

 水深20メートあっという間です。

 

 ヒット、ヒットです。何か釣れました。

 たぶん、根魚でしょうね。

 ジグのカラーは金色 鮎魚女が釣れました。

 小学生の頃、堤防でアオイソメを

 餌にブラクリ仕掛けで良く釣れたものです。

 

 ケーソンの穴に落とすと釣れました。

 

 今や昔に比べるとサイズも数も

 見かけなくなってきました。

 

 鮎魚女のビール瓶サイズなんて、いったものです。

 

 根魚の成長は遅く、減少傾向、

資源は永遠ではないこと、

 釣りをしながら意識していきたいものです。

 

 さて、ライトジギング 今回の釣り浅場に

 見切りをつけて沖に向かいます。

 

 水深46~50メートルラインに着きました。

 

 魚探を見ながらベイトを探します。

 

 底に少しだけベイトの反応があります。

 

 釣友の船頭は、私を煽ります、

 釣れますよ、釣れますよと

 一投目で釣っています。

 

 こんな感じにロッドを曲げています。

 まだ、釣れますよ、釣れますとまだ、言っております。

 しつこい・・・・一言に尽きる。

 

 おめぇーも早くつれいゃーと煽っております。

 

 私は今日はライトジギングタックルでも弱いタックル

 船頭の彼は着底後のワンピッチジャークで底から

 5メートルまでシャクリ上げています。

 

ドラグ音を楽しみながら、上がってきた青物は

 3キロ程のワラサです。

 

 ライトジギングタックルだと楽しめます。

 ベイトの反応は底付近です。

 広範囲にベイトがいるわけでは、ないようです。

 甘い状況ではない・・・

 

 しかし、連続で船頭はヒットさせています。

 終わってみれば、こんな感じに釣りました。

 私もかろうじて一本釣りました。

 スロージギングタックルはベイトリール、

スプール内、バックラシュしている状態、

使用不能。

 私もライトジギングタックルでワンピッチジャークで

 攻めますがアタリはあるがヒットまでに至りません。

 

このタックルでスロージグで4本フックで絡める獲る作戦に変更して勇逸のヒットでした。

 

美味しく食べる為とベイトを知りたいので船上でき 胃の中にカタクチイワシとスルメイカが入ってました。

 

 偏食の時期は渋い状況がありますがジグの選択肢で

 釣果も違ってくると思います。

 

次回のライトジギングは

 ハイギアの5000番のリール持参で

 ライトジギングを楽しみたいと思います。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事