【釣果】真冬のサーフサラシパターンで寒ヒラメを狙ってみた !
スポンサーリンク

どうも、YUKIです。

 

ブログの更新が遅くて申し訳ありません。

 

連日、夜勤続きでハードワーカーです。

 

そんな中、デイの隙間時間でコツコツ海へ出かけていました。

 

12月上旬は冬のアジ、冬のヒラメをターゲットで狙っていました。

 

今年も残りわずか、新潟中越地区の海釣りをご覧の皆さん、いつもありがとうございます。

 

あとは心残りの年内中にシーバスを1本、もしくは、年度内中に1本シーバスが釣りたいと思っております。

 

さて、今回は、真冬の寒ヒラメをサーフのサラシパターンで狙ってみた釣果報告です。

真冬の寒ヒラメをサーフサラシパターンで狙ってみた !

 

今回は、サーフから寒ヒラメを狙いたいと想い、海に出かけました。

 

西風が強い日です。

 

しかし、何本かいいサラシが出ています。

 

その中で潮流の強い、離岸流にしぼってヒラメを狙ってみようと考えていました。

 

夜が明けて、随分、経ってから鳥が騒ぐ時間、カタクチイワシ接岸となることが多い冬のサーフがあります。

 

今回は、ゆっくり出かけてきたわけです。

スポンサーリンク

冬のサーフでヒラメを狙うタックル紹介

 

簡単なタックルをここでお伝えしておきます。

サーフヒラメタックル

ロッド

レクシータ9.9f

リール

シマノ ステラ4000XG

ライン

PE1.2号

ショックリーダー

フロロカーボン25lb

ルアー

イワシカラーのフローティングミノー

その他、タックル

ライフジャケット(小物類)
ウェーダー(フェルトスパイク)
手袋
フィッシンググリップ

いつものシーバスタックルと同じです。

スポンサーリンク

冬サーフから狙うヒラメの釣り方とポイントの条件

 

私の冬サーフヒラメの狙い方は簡単です。

冬サーフヒラメの釣り方

いくつものサラシを撃っていく。

・使うルアーはイワシカラーのフローティングミノーのみ。

いくつものサラシの中で沖の払い出し、潮流の強いサラシは、時間を掛けてキャストを繰り返す。

リールの巻く速度はゆっくりより、少し早め。

私が狙う冬のサーフをサラシパターンでヒラメを狙う方法です。

難しく考えずにサラシにミノーをキャストして巻くだけ。

 

ポイントの条件

・西風で向か風でベイト寄りやすい

・岩礁帯

・カタクチイワシが波打ち際に打ち上げられている

・何本のサラシがでている(離岸流)

以上が冬のサーフから狙うヒラメサラシパターンの条件です。

ソルトルアーでヒラメ釣りを勉強するなら釣りビジョンVOD
ヒラメの動画ならヒラメエイトですよ

スポンサーリンク

冬のヒラメサラシパターン実釣とまとめ

 

真冬のサーフサラシパターンでヒラメを狙う。

 

この日はベイトの気配がまったくなく、しかし沖ではカモメが飛んでいる。

 

沖にはベイトの気配?

 

何本かのサラシがあるのですべて、打ってみる。

 

ルアーはイワシカラーのフローティングミノー

ポイント
水深や岩礁に合わせて潜行深度を考え、ルアーの選択をしましょう。
何本かのサラシの中で一番、潮流が強い、ルアーを巻いてくる重いと感じるサラシを釣り座に構え、粘ってみましょう。
ヒラメが潜んでいればアタックして来ます!
ごらんの通り、真冬のサラシパターンヒラメが釣れました!
ぜひ、皆さんも真冬のサーフでヒラメサラシパターンとポイントの条件を探して寒ヒラメを狙ってみてください!

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事