〆具の紹介
スポンサーリンク

素早い活〆

 

 釣り魚をキープする時はしっかり、 

 締めて鮮度を保って持ち帰りたいものです。

 

 家庭に持ち帰って家族と美味しく頂く場合は

 魚をキープします。

 

食べない魚は当然リリースしています

 

私が使用している〆具を紹介

ネットで知りました。

 

スポンサーリンク

-EXTREME-畠山研究所

素早い活〆を実現した専用設計

 

 

専用ケースをあってカッコイイ

実用的な〆具です。(〆具mini)

 

 

スポンサーリンク

〆具の基本的な使い方を紹介

 

1 ブリ、カンパチ、ヒラマサ等の青物、

根魚はエラ蓋前側の線の延長上の延長線上の

側頭部のやわらかいから目と目の間を

めがけて〆具を差し込みます。

 

その辺りに脳と脳に通じる神経束があるので

〆具先端を回して、脳髄を破壊します。

 

 

2、マグロ、カツオ等は人間の眉間に当たる部分から

 〆具を差し込み、同じ様に脳の辺りで

 先端を回し破壊します。

 

 〆具先端で脳のある位置を探して的確に捉えると

  魚は痙攣を起こし、硬直する等して動かなくなる。

  即死した事が確認出来ます。

 

 上手く急所に入らかった場合は、魚に硬直

 反応がなくエラが動いています。

 再度〆具で急所を探ります。

 

 確実に〆る事が出来たら、エラの内側にナイフを

 入れ、動脈を切断し、頭部を下にして海水に浸し

 血抜きを行います。

 

 その後、クーラーボックスでキッチリ

 冷やして持ち帰りましょう。

 

 家族も美味しいと言ってもらう、ひと味違う魚の

 旨みを味わえるはずです。

 

スポンサーリンク
関連キーワード
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事