ライトジギング・スロージギング釣行
スポンサーリンク

10月中旬 ボートエギングが落ち着いた時期に
仲間のボートに乗せてもらいました。

 

天候も良く、絶好のジギング日和です。

ライトジギング、スロージギング挑戦

写真の撮り方でこんなに神々らしい風景、

何あるかもしれない予感(〃艸〃)ムフッ

さて、ボートは沖のポイントに向かいます。

 

急げや急げ 何かの絵本のようフレーズ

久しぶりのジギング、狙いは青物、

ワラサ、ヒラマサ(小マサ)

私的にはヒラメを期待しています。

 

家族に食べさせたい。

 

狩猟民族の血が騒ぎます。

 

ヒラメー食いたい。

 

スポンサーリンク

タックル

ライトジギングロッド61F-M

スロージギングロッド66F-MH

リール 5000番 ハイギア

ベイトリール1500番

ライン PE1号 1.5号

リーダー フロロカーボン25ポンド

ジグ60~180g

 

 

 

スポンサーリンク

ポイントに到着

朝一の一発を期待して投入開始。

着底、ワンピッチジャークで2回程、

しゃくっていると

ジグをかすめたようなアタリがありました。

地獄からの合図かな((´∀`))ケラケラ

少しばかりボートが流されたので、

ボートを立て直し流し直します。

 

改めて、先ほどアタリがあったポイントに

流し直しの一投目着底。

 

ワンピッチで2回程リールを巻いたところで

ガッツーんとアタリ、

すかさず鬼合わせをくれてやりました。

 

少しばかり、ドラグが出ました。

ゆっくり慎重に巻いてきます。

 

青物のひきではありません。

ようやく、大きなタモに収まったのは、

地獄からの使者鋭い歯、旨い魚釣れてくれました。

 

 

ジギング、私が釣った最高、記録のヒラメです。

嬉しい((´∀`*))ヶラヶラ

 

私、初の70センチオーバーのヒラメでした。

その後、ポイント移動し

ヒラマサが着くと思われる岩礁帯を

スピニングタックルで

ジグ80グラムで丁寧にしゃくります。

 

私には全く、反応がありません。

同船者の若者が何やら、

ガチジギングタックルで掛けた様子、

みんな、回収し大物を掛けた彼を見守ります。

ドラグは滑り出しラインが出されます。

 

巻けない、負けないと必死で耐えてます。

これはヒラマサだよとみんなが煽ります。

 

ロッドはのされて、ハイギア6000番は全然負けません。

10分程、頑張りましたがとうとう、

フックアウト残念でした。

 

ワラサ、ブリのひきではなく、

あきらかにヒラマサ特有の根に向かって走る、

突っ走り方とにかく、魚の顔が見てみたかった

残念・・・・

 

潮も動かなくなり、ポイントを移動して魚探の反応を

探りますがイナダ、レンコダイの拾い釣りで

13時終了、帰港となりました。

 

 

ヒラマサを狙っていましたが一発の

ヒットをモノにできないと岩礁帯のヒラマサは

厳しい事がわかりました。

 

また、ヒラマサは来年の夏から秋におわずけです。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事