【焚き火】ピコグリル398で楽しむ焚き鍋とキジハタの焚き火焼き
スポンサーリンク

どうも、YUKIです。

鮭の遡上がはじまる、秋に青海川キャンプ場で焚き火飯を楽しんできました!

焚き火を開始する前にとにかく、蚊が多く大変でした。

蚊取り線香と昼間だけど虫よけオイルを使用にランタン点けました。

川のそばの藪、林が近い

まだ、夏の名残が残る、秋ですね。

とにかく、焚き火で鍋とこの前、ボートエギングで掛った?釣った?キジハタを食う。

今回のデイキャンプ焚き火飯の目的です!

【焚き火】ピコグリル398で楽しむ焚き鍋とキジハタの焚き火焼き

 

鍋はユニフレーム焚き火なべ18㎝を使用。

材質はステンレスで取っての部分は自立するので焚き火でも気にせず使えます。サイズはソロ向けの18㎝。
軽さと保温性に優れています。

使いやすいです。

無骨なスタイルと木星の蓋がいい味を出しているので気に入っています。

私のソロ焚き火鍋の作り方は簡単

焚き火ソロ鍋の作り方

■材料
・鍋用キューブ
・水
・野菜・白菜(他はお好みで)
・鶏肉(もも)
・ちくわ
・最後のしめにきし麺。
■作り方ソロ鍋に鍋用キューブを入れて水を適当に入れて沸騰させる。
次に鶏肉を入れる。
火が通ったらちくわを入れて白菜を入れて蓋をしてしばらく煮込む。
食材に火が通り沸騰したら出来上がり。残りの具材の中にきし麺を入れて沸騰させたら
しめのきし麺の煮込みのできあがり。

ピコグリル398で作る焚き火飯、これから寒むなる季節に焚き火鍋、最高です!

ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火鍋18cmは丁度良い大きさと軽さで最高に使いやすいです!

スポンサーリンク

ピコグリル398で焚き火を育てキジハタの塩焼きを食べる

 

2馬力ゴムボートエギングで釣れたキジハタを3日間熟成させて、デイキャンプに持っていきました。

今回は、テントもタープを張っていないから焚き火ですね。

焚き火台 ピコグリル398は簡単に設置準備できるからお気に入りです。まるで、1.2.3で組み立て完了みたいな所が簡単便利です。

 

今回、ピコグリル398の五徳の上に乗せる網はチタンマニアから発売されている網です。

 

キジハタをじっくり焚き火で焼いていきます。魚が厚いのでなかなか火が通りにくいですが焚き火を育てながら
自分が釣った魚を焼くのも楽しいものです。

しっかり、丁寧に焼いていきます。

 

 

高級魚のキジハタを贅沢に丸焼きです。

 

 

完成です。

 

魚が大きいのでしっかり焼くのに時間が掛かりました。

 

味は上品な淡白な味です。

 

シンプルな味ですね。

 

次回はアジングで釣れたアジを焼いて食べたいです。

スポンサーリンク

焚き火で作る焚き火飯 まとめ

 

簡単に焚き火を作ることができる焚き火台、ピコグリル398と簡単に焚き火鍋を作れるユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火鍋18cm
そして焼き物にチタンの網。

 

焚き火を育てながら作る焚き火飯はガスコンロで作る料理と違って、昔の人達はまず、火起こしからなので
料理をするまで大変だったろうなと思わせてくれる。

 

デイキャンプで楽しむ焚き火飯でした。

 

 

最後に焚き火でお湯を沸かしてコーヒーを飲んで、終わりです。

 

 

2杯分のコーヒーを作って飲みます。

 

秋は深くなりますがまた、どこかに出かけてアウトドアをシンプルに楽しみたいです。

 

もちろん、魚釣りもまた、行って来ます!

 

キャンプ道具がなくてもレンタルで楽しむ事ができます!
興味がある方はこちらからどうぞ


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事