近海で楽しむボートエギングの仕方
スポンサーリンク

 

私が秋の近海で楽しんでいるボートエギングを
紹介します。

ボートエギング

新潟中越地区の海釣り

私が行っているボートエギングをお伝えしようと思います。

 

まずは、簡単なタックル紹介

  1. ライトジギングロッド又はテイップランロッド(6fクラス)
  2. リール3000番クラス
  3. ラインPE0.6号か0.8号
  4. リーダーフロロカーボン1.5~1.7号
  5. エギ2.5号赤・金・銀テープ

 

私はバレーヒルロッドを好んで使用しています。

 

釣り方、ぐたぐだと長い説明をさけて説明します。

 ((´∀`))ケラケラ

 

ボート、釣り座は風上でロッド先端からエギを

落とす、ラインを出しながら着底を待つ。

着底、少し糸ふけをとり、

1回、2回シャクル

エギがフォール。

 

①エギフォール中、アオリイカが抱いていれば、

着底する前にラインが止まる。

そこでアワセをいれる。

 

②着底、1回・2回シャクル、フォール中

次のシャクリに移る時にアオリイカが抱いている。

 

潮流や風、波に対してエギに糸錘を巻いて調整しましょう。

しっかり、底取が出来るように調整が大切です。

 

 単純にそれだけで活性の高い

 アオリイカは釣れる。

 

活性が低い場合は、エギのローテーションをします。

 

 

潮が動かずボートが流れない時は、追加錘を軽したり、軽くキャストして活性の高い

アオリイカを探していく、拾っていく釣りを展開していきます。

 

 

私が狙う、水深は7m~12mくらいです。

食べて美味しい、釣って楽しいアオリイカ

楽しんで行きましょう。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事